2016年06月30日

銀座 朧月

どうも、こんばんめ。お疲れさんきゅー堀内○雄。
どうも、週末がまたやってまいりました。そして月末でございます。でさーね?

いやぁ、今年ももう半分以上が終わってしまいまして。今年もほぼ終わりみたいな空気が蔓延しておりますね。少なくとも俺の頭の中で、ですが。
そんな中でも、この貴重な一日、貴重な一食、麺を食うわけです。
さてどこ行くか。実はちょっと渋谷区が続いてしまったので、違う場所行きます。
で店を色々見ていると、お、近場で気になりながらもすげー混んでそうなイメージから行くのを躊躇していた店があった。それがこの朧月です。色々調べてみると、平日の微妙な時間ならそこまで混んではいなそうだ。
ってことで決定。

眠い目をこすりながらもなんとか仕事を終え、職場を出る。電車に乗り、サクッと銀座まで。
銀座はいまいち好きになれない場所ではある。よく雨に降られるし、コンビニを探すの一苦労だし。
高いビルばかりだし。まあそれでも美味そうな店は割と多いわけで。
そんな感じで歩いて歩いてなんとか店を発見。地図なしには銀座はキツイ。

ってことで店に到着。小さい店ですが、覗いてみると待ちはなし。よっしゃと入店ガラガラ。
入ってすぐ、薄暗い入口付近に小さ目の券売機。失敬して撮りました。
朧月 (4).JPG

ふむ、意外にメニューは少ないですね。中華そばかつけ麺か。
いつもの通り、せっかくだからと特製つけ麺・中1100円を。並200gと中300gは同料金ですね。

店は見た目通り狭いな。しかし空きが2席。空いてる席に行き、店員食券を渡します。
客はほぼリーマンです。スーツが多いです。まあ場所が場所だし、時間も時間ですからね。14時過ぎです。
なんだか和風な感じのテーブル。狭いけど嫌な狭さじゃないです。席は7席くらいか。

ほっと一息つきながら待つ。狭い厨房で二人の男性がテキパキと動いていました。
店主らしき男性もまだ結構若いな。もう一人の弟子はかなり若い。2人とも茶髪。親子かよ!!
おっさんが茶髪にする気持ちは俺にわかりませんが、しかしそれに余りあるテキパキ具合です。
言葉少なでキビキビと。愛想がないと言えばそれまでだが、こういうラーメン屋で愛想を求める客などはほぼいないだろう。

待っているとちょいちょい後客来店。あっという間に待ちができてしまった。あら、タイミングよかったわね。
まあ俺のような麺好きから言わせてもらうと、人気店、しかも小さい店にグループで来るのはどうか、しかも両替とか言って、うーん、って感じですね。まあ個人的なアレですけど。ギリギリ2人までですよね。
3人以上はね…。来てもいいけどすげー待つよ?っていう。おっと、余計な話でしたね。
格好ばっかり綺麗な仕事のできなそうなリーマンでしたけど。おっと、妬みが入ったね。
隣のおっさんも携帯見ながら麺食ってさ。みんなどうして場所を問わず必死になって携帯見てるんだろう。不思議です。

無駄な話をしました!!ってことで7〜8分待って着麺でございます!
朧月 (1).JPG

うん、王道ですね。王道のつけ麺!!
麺、太くていい感じですね。具もたくさん、炙りチャーシューの香りが漂います。
朧月 (2).JPG

スープは見た感じは濃厚魚介でしょうか。
朧月 (3).JPG

では、頂きます!まずはスープの中を物色です。メンマが数本とコロチャーが数個ですね。
うーんまさに魚介!!あまり味の下調べはしませんでしたが、銀座で人気を誇る店が定番の魚介。
メンマをやっつけてから、麺行きます。

太目のツルシコ麺ですね。一口ズルリンコ!!
うん、太目の麺がいいモチモチ加減!つるっとした歯触りの中にモッチリ歯ごたえ!いいですね。
そしてスープ。まさに濃厚魚介!!しかし塩加減は強くなく、ダシの味と香りがいっぱいに広がります。
確かに美味い。行ってしまえばもはやありきたりともいえる濃厚魚介ですが、その一歩先を行くダシと味のバランスを感じますね。重すぎず軽すぎず、そこにしっかりとした麺。納得です。
この麺がね、案外特徴があるかなと。極太のコシの強い麺ではなく、もうちょっと柔らかく優しいモチモチ感を感じますね。スープとの絡みもいいです。
こういう味だとついすぐに一味とか入れたくなるんですが、ちょっと我慢しまして。麺をズルズルします。

うんうん、ハイレベルな魚介ですね。安定感あります。では具、行ってみます。
まずは味玉を半分。見た目がいいね!黄身の固まり具合とか。パクリンちょ。
うん、味はほどよい味付けと固まり具合でいいですね。上品さを感じます。

ではチャーシュー一枚食べますか。小さ目だが厚みがあります。表面炙りですね。一枚パクリ。
うん、香ばしい!炭火でやいた焼き鳥のような!!まあバーナーだし豚肉ですけども。
良いジューシー感と程よい柔らかさと肉感。崩れはしないが口に入れると柔らかい。いいバランスです。
肉の脂がちょうどいいですな。

では引き続き麺をズルズル。小さ目な丼ですが量はしっかり。やっぱりつけ麺は300gがちょうどいいですな。
うんうん、味が濃すぎないので飽きも来ません。
でもやっぱり濃厚さはあるので、卓上の酢をちょっと入れてみます。意外に合うんですよね。
うん、さっぱり感出ていいね!!さらにズルズル。
ちなみに卓上には酢の他に一味、黒七味、黒胡椒があります。なので一味と黒七味を投入。
ピリッと来ていいね!で味はあまりその影響を受けないのがいいですね。
メニューだと辛つけ麺があったけど、この味なら辛いのでも美味いかも??辛いつけ麺のスープってどうしてもバランスが崩れて薄っぺらくなるイメージだけど、この味なら行けそうな感じがした。想像ですけどね。

そんな感じで残りの麺と具を頂く。うん、チャーシューいいね。俺実はバーナーで炙ったやつそんな好きじゃないんだけど、ここのは全然気にならないな。
なんか焦げの、良く言えば香ばしいんだけど、それが前に出過ぎちゃうことがあるというか。
焦げの苦みと脂の甘みがぶつかっちゃうっていうかね。でもここのはそこもいいバランスなんですね。

そんな感じで完食。うん、腹具合もちょうどいい。ではスープ割もらいます。
テキパキ忙しそうで、話しかけるタイミングを待っていると、店主がそれに気が付きサッと俺から丼を受け取りサッとスープ割を出してくれる。さすがですね。言葉少なですが、悪くないですこういうの。

しかも割スープを入れるだけではなく、何か他のダシと三つ葉を入れてくれました。
ズルズル。うん、魚介のスープ割よりは多少濃いね!三つ葉ばまたさわやかです。
結局ほぼ全部飲み干す。うん、よかったです。

やはり人気店だけあって納得のクオリティ。
味的にはもう慣れ親しんだ魚介系です。安定感がありつつも、ありきたり感もあり。
しかしさすが有名店、スープのバランスがいいですね。あの味、なんですがちょっと違うというか。
そして麺が良かったですね。ありそうでない、優しいモチモチ感と太麺の食感が同居していました。
狭い店ですぐに混んでしまいそうではあるけども、王道の魚介が食いたい!となったら行ってみて損はない店だと思います。

というわけで、未だ待ちも出ているのでさっさと退店。ごちそうさまと声を掛け、返事をくれるがそれもどこか温度がない。だがそれが彼らのスタンス。美味い麺を食わせてくれるのなら文句はないですね。

外に出る。雨が心配されたが降ってない。微妙な気温と湿度だ。暑い。
買っておいたお茶を飲みつつ喫煙所を探す。近くの公園にありそうだ。
この辺は意外に喫煙所あるんだね。リーマン多いからかな。

6月も終わり。この週末からクソ暑くなりそうです。体にはくれぐれも気を付けて下さい。
まあ夏だからどうとかっていうのはね、もうおっさんだからあんまりないけど。
スイカ食いてぇ。スイカを食って、プールに行きたい。それくらいのもんでしょうかね。
とりあえず熱中症にならないように。水分取りまくります。

まあそんな感じでまた7月にお会いしましょう!
クソ暑い夏に暑いラーメン食って汗を書くのもいいですね!っていうか最近はつけ麺ばっかりですが…。
ではまた来週!!お元気で〜〜

では本日も、ごちそうさ麺!!でした〜〜でした〜〜

現場からは以上で〜す





posted by クロペソマソ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする