2012年10月13日

渋谷 豚骨醤油らーめん 光醤

さて、明日は休み。
最近休みの前の日はつい夜ラーがしたくなってしまう。
太るのが怖い自分としてはあまり良い傾向ではないのだが…。
しかし、ほとんどの欲求を満たすことができていないから、これくらいはいだろう!
ということでなんとなく検索。

いつもどうしても有名店・人気店に行ってしまいがちなので、単純に通勤途中で見かけるらーめん屋に行ってみることに。

で、井の頭線の奥の小さい改札近くで探すことに。
この辺は狭い範囲にらーめん屋がひしめいているが、土曜の夜ということもあるので、とりあえず空いている店に入ることに。

これだけ店が多いと客も分散するから、混んでいる店が美味いとは一概に言えないし。

というわけで、前々から存在は知っていた光醤に入ってみることに。

表のメニューをみて、とりあえず特製光醤らーめんにする。
がっつんと悩んだけど、まあ最初だし。

特製で850円は、まあ安い方なのかな?
店員に食券を渡すと、麺の固さを聞かれた。
普通に固めでお願いする。

どうやら、博多系の店のように、バリ、バリバリ、ハリガネのように固さが選べるようだ。
固めはバリのようだった。

とカウンターでボーっとしていると、なんかもうらーめんができはじめているぞ?
と。5分もしないで着麺!
つけ麺などは結構時間がかかるので、それに慣れている俺はちょっとびっくり!

これだ!
光醤油.jpg

チャーシュー3枚と味玉で特製か。
案外ボリューム少な目か?

カウンターには七味・ラーメンコショー・漬物・紅しょうが、そして生のニンニクとニンニク潰すやつが。
とりあえずニンニクを潰して入れる。
いっつもこれ使って思うんだけど、上手く穴から落ちてこないよね。
なので、使う前の割り箸で麺の中に落とす。

うん、生のニンニクはやっぱ香りも味もキツいね。好きなんだけどね。

上に載っているもやしと、きくらげ?からやっつける。うん、普通。
麺は博多系のそれのような細麺。

お、普通に美味いぞ。
麺は固めで、とんこつ醤油というだけあって他の博多系よりもこってりな感じ。
でもしつこすぎず、適度にトロっとしてる。

チャーシューもスープよろしく味が付いているような感じだし、柔らかくて美味い。
味玉はまあ普通だけど、あまり冷たさが気にならない温度なのがよい。

という感じで食べ進めて行く。
こういう系は麺がめちゃくちゃ少ないことが多いけど、ここは割りと普通にあるぞ。

具をやっつけた後も麺がばっちり残っている。

このスープの濃さ、なかなかバランスいいぞ。

そんな感じでペロリと平らげる。
大食いからすれば量は少ないけど、でも夜に食うならこれで十分。
完食して腹八分目ってことかな。
スープも後引くな。白ご飯と一緒に食ったら美味いだろうなぁ。

俺が入店してからはちらほら客も増えてきて、カウンターの中は慌しくなってきていた。

ラーメンブーム(?)のような感じで店が乱立しているが、そこまで有名でなくても、ちゃんと生き残ってる店はそれなりのクオリティがあるもんだな。

この店も、少なくとも個人的には向かいにある○龍よりかは美味いってうか、ラーメンって感じがした。

また気が向いたら来てもいいな。

店の滞在時間は20分ほどじゃないかな?
時間がない人には嬉しい速さ。俺は別に急いでなかったけど。

これから賑わってくる週末の渋谷を横目に、ほどよい満足感で帰路に就いた。





posted by クロペソマソ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック