2015年06月23日

市ヶ谷 麺や 庄の

どもーお疲れさまですー。ペソマソですよー。
いやーなんだか雨降ったり暑かったり涼しかったり、6月ならではのお天気な毎日ですね。
ならでは感漂う今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
そんなのてめーにゃ関係ねーだろ??あー全くその通り!おっしゃる通り!
実際特に興味もありません。興味なさそーって昔はよく言われたものです。
え、今は違うのかって?話す相手が限られておりますのでそういうことはあまり言われません。

とまあそんなどうでもいい感じから今週も始まりました。もう一週間で6月も終わりです。
今年もあと5か月みたいな感じです。ヤバくな〜?ちょべりばー。

さて、本日も麺に参ります。ここ数回で、本来のコンセプトの一つである「知らない場所に行く」というのを思い出しましたので、近場ばっかりじゃなくて少しだけいつもは通りもしない場所に行くようにしようと思っているのでございます。
で、本日選びましたのは…麺や庄の!名前だけはかねてから存じ上げておりましたが、場所さえ知らない有様何様俺様でございました。
どっかいい店ないかなーなんて探したら市ヶ谷にふと発見!あ、案外近いじゃん。遠くはないじゃん。
ってことで、市ヶ谷も降りたことないので行くことにしたのでございます。

いつも通り夜勤明け。クソ眠い!さっさと帰ります。
外に出てみると…うお!蒸してる!夏みたい!午前でこの蒸しっぷりはヤバいなー。
といいつつテクテク歩く。職場から歩いて麻布十番まで。案外近いんです、実は。
そこから南北線に乗って市ヶ谷まで。南北線綺麗で空いてるし割と好きかも。好き…かも?

サクッと市ヶ谷に到着。地下鉄ってさ、なんかどこも広いし、出口わかりにくいよね!
でもなんとか駅を出る。あ、市ヶ谷ってここかぁ。川があります。なぜか海のニオイらしきものします。
店は駅から近いです。外堀通りを渡ってマックの脇を入るとあります。時間は10時50分くらい。

あ、少し並んでる。オープンは11時ですからね。でも2〜3人。すぐ開店だから俺もその後ろにつきます。
するとすぐに後ろに5〜6人の待ちが!おお、さすが有名店ですなぁ。ふむふむ。

で、ほどなく開店。順番に食券を買って入って行きます。
俺の番。なんだかつけ麺食いたい気分だったので、特製つけ麺990円をポチり。
ここは創作麺みたいなのをやってるんだね。なんか面白そう。でもまずはベーシックなものから行きたいです。

店員さんに食券を渡しカウンターの席に着く。冷盛りか温盛りを聞かれたので冷で。つけ麺はやっぱ冷です!
しかしどこにも書いてないが麺量はどのくらいなのだろう…。ハラペコだからいっぱい食べたいけど…。
まあいっか、と待つ。並んでいたけどなんだかんだでみんな入れました。
店内はカウンターのみ。15席くらいはあるのかな。木目調な感じで和風です。

他のお客さんを見てるとつけ麺とラーメン半々くらいだなぁ。ラーメンも美味そうです。
ここのつけ麺は濃厚豚骨魚介らしいので、例のあの魚介系って感じなのかなぁ。
ワクワクします。
っていうかここってグループで何店舗かあるんだね。新宿のGACHIは行ったことあります。
結構美味かったです。個性があるけど行き過ぎてなくて、そして美味しいっていう印象でした。

で、10分しないくらいで着麺でございます!メ〜ン!
庄の (2).JPG

これは見た目からして美味そうだ!いいね、いいねいいね!
スープは魚介っぽいけどやっぱありがちなものとは違う雰囲気。
ここは無化調なんですねー。
庄の (3).JPG

麺は…予想通りあまり多くはない!でもそこまで少なくもないのでまいっかって感じ。
二種類の肉があっていいですね!
庄の (1).JPG

では早速頂きます!スープに箸を突っ込んでみる。
具は少な目。穂先メンマ的なものが少しと、あとはカイワレ!
とりあえずメンマ食います。うん、柔らかめでいかにも穂先的!でも味はスープの味が強いです。
っていうかこのスープ…なんだ??
まさしく魚介系ではあるんだけど…なんかダシが強い!そして喉を通るとき少しだけ辛さというか熱さを感じる。唐辛子系が入っているようにも見えるが、舌ではなく喉にくるっていうのは珍しいぞ…。
豚骨はそこまで感じないが、このまろやかさは豚骨の脂なのだろうか。そしてカツオが香る。
さすが…これだけでレベル高い感じムンムンですよ…。

では麺を行きます!麺は太目の四角い麺。極太までは行かないくらいかな。
一口ズルリンコ。
うん!麺は程よい柔らかさとコシ!そしてスープが良く絡む。
美味い!美味いぞ!魚介系の中では最高峰か!だけど六厘舎や和利道などとは違う美味さというか…。
ダシが濃いが濃すぎず、非常に自然なお味。これは無化調効果だろうか?
塩気もまあまあ濃いんだけど、イヤな感じがない。全体的に優しいのだ。

これは…ありそうでない美味さだ…さすがですね!
次々に麺を口に運んでいきます。ズルズル。スープは少しとろみはあるものの、ドロドロではない。
なのにこの濃厚さ!そして優しさ!やっぱり大盛りにすべきだったか?またはご飯ものとか!なんか色々あって美味そうだった。

麺をズルズルしつつ具を行ってみる。まずは低温調理っぽい感じの肉。
一枚パクリ。お、これはまた!ローストポーク的な!美味しいハム!みたいな感じ?
肉感がありつつも柔かく、それでいてラーメン的な雰囲気も残しつつ!美味いです!

そして次は角煮っぽいヤツ。これもパクリ。
箸で掴んだ感じはしっかり形を保っているのだが、口に入れるととても柔らかい!
見た目とは違って味は濃くなく、肉本来の味が前に出てくる。豚の脂ですね!
これも美味い!これもありそうでない感じだなー。角煮系ではあるけど、この味と食感はなかなかない!

そしてお次は味玉。半分パクリ。
これもまた!黄身がいい感じに固まっておりまして。まさに味玉!おいしゅうございます。

うん、さすがのハイレベル。全体的に美味い!お冷は麦茶かしら?さわやかやねー!
そんな感じで麺を食べる。麺はどれくらいだろうなぁ…200〜250くらいかなぁ…。300はないです、多分。

これは大盛りでもペロっと行けちゃうレベルですぜダンナ…。つけ麺も替玉できるみたいだけど、夜勤明けのドカ食いはちょっと気が引けるし、茹で時間もまあまあかかるだろうし…やめておいた。

その調子で残りの肉と味玉をつまみつつ麺をすすり、完食。非常に美味かった!
このスープならスープ割したいなぁ…。でもできるかどうかわからないし…とモジモジしながらそのままスープを飲む。
さすがにそのまま飲むと結構しょっぱいんだけど、それを包み込むようなダシと豚の脂(おそらくは)。
とは言え脂っぽい印象が全然ない。
これはすごいなぁ…優しい味だなぁ…でも味の輪郭というか、そういうのはちゃんとあって…。
ズルズル。しょっぱい…でも飲めちゃう…カツオのいい香りだなぁ…やっぱなんか唐辛子的なもの入ってるのかなぁ…ブツブツ…。

おっといかん!このままでは全部飲んでしまうぞ!さすがにそれは塩分過多だ!怖いぜ成人病!
ここらでごちそうさまです。

今まで260以上の店で麺を食ってきましたが、それでも驚くこのスープ。
無化調の濃厚豚骨魚介だなんて…。ほかにもあるのかもしれないけど、なんかすごい感じしました。
スープがやはり秀逸。濃厚魚介はちょっと…っていう人でも食べられるんじゃないかなぁ。
濃いは濃いんだけど、すごく優しいというか。ダシがしっかり出てるから嫌味がない。ジャンクさも少ない。
具もどれも美味しいし、非常に満足できました。
料理としてのつけめん、という感じがありました。ハラペコさんは大盛りにするか、何かご飯ものとか頼んだ方がいいかもなぁ。少なくはないんだけど、量的にはごく普通って感じがしました。
創作とかもレベル高そう。近くに住んでたり仕事で来たりする人は色々試してみてもよいかと!
俺も早くもいつか再訪しようと思いました。ラーメンも美味そうだなぁ…この感じだと。ラーメンライスもいいと思う!

そんな感じで、気が付けば満席。少しの待ちができる。時間はまだ11時半にもならないが…。
きっとランチタイムは混雑するでしょうね。でも意外と提供も早く、回転はそこまで悪くなさそう。
女性のお客さんとかもいたので、気になる方は老若男女問わずトライ!

食べ終わったらさっさと退店。ごちそうさまでしたー。
ふう、腹八分目くらいだけど、本当はこれくらいがいいんだよね。買っておいた烏龍茶飲みます。
さて、そこら辺で一服するか。ここはまだ新宿区なんだね。喫煙所はそこそこありそう。
駅の方に歩いて行く。あ、この通りしってるなぁ。
前のバンドの時はリハが水道橋だったから、帰りメンバーの車に乗せてもらってよくここを通ったっけ。
この通り、なんかオフィス街のようだけどカフェとかも多くてイヤに都会的に感じたもんだ。
そして緑色の川…。帰りはなんか生臭い感じがした(笑)
なんかここ飯田橋に激似じゃない?そうでもない?っていってもこの辺の総武線の停車駅は結構似てるかなぁ。

そんなちょっと昔のことを思い出しつつもすぐ忘れ、喫煙所を探して歩く。交番の裏の公園の端っこにあります。
サラリーマンたちに交じって、いかにも虐げられている感じの喫煙所で一服。

あー早く梅雨終わらねえかな。ってまだ始まったばっかか。
この夏はどうしようかな…プール行けるかな…。日常的にプール行けたらいいんだけどな…。
なんてことを考えつつも頭は眠気と満腹で朧気だ。

そんな、いつもよりちょっとだけいい気分のお昼時なのであった。





posted by クロペソマソ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック