2015年09月11日

新橋 新橋 大勝軒

はいどうもー。やってきました金曜日。
週末の始まりでございます。早いものでもう9月も3分の1が終わりました。
まあ別に早くないか。いや早い!しかし早いのは今に始まったことではない!

というわけで、麺の日でございます。そういえばクソどうでもいい話ですが、ワタクシ先日35歳になりまして。
まあどうでもいい上に、誕生日は散々だったわけですが。
何しろ台風。1にも2にも台風です。台風なしには語れない感じでした。皆さん大丈夫でした?
北関東辺りは大丈夫じゃない感じになっていたみたいですが。本当に、自然には勝てません。どうすることもできません。
一人暮らしを始めるころ、父親が「山、川、海の近くには住むな」と言っていたのがよくわかります。

まあそれはいいとして。なんとかその台風三昧の日々も乗り越え、本日に至ります。
とはいえ、今日もその名残は十分にあり、仕事はクソ忙しくもうヘトヘト。
ヘトヘトヘトリンでごわす。
とはいえ、残業時間はいつもと同じくらい。職場を出て電車でサクっと新橋に。
今日はもう大勝軒に行くと決めていました。先日テレビで見かけて、ふと食いたくなったわけです。

駅から歩いてすぐ。新橋周辺は割と道が入り組んでいますか、もう何度も行っているので大体わかります。
店は細い商店街っぽいような、それでいてちょっと裏道のような通りにあります。
とは言え店はいっぱい。主に飲食店。ほりうちの向かいにあるんですね。

時間は14時前。どっちが入口かよくわからないけどなんとなくこっちっぽいってことで左側から入店。
店内は10席ほどのコの字型のカウンター。狭いですね。
では券売機で食券を。
特製もりそばは小並大。並が300gとのことなので並に。750円。特製っていっても、別に全部のせとかじゃないみたい。
なので別に全部乗せ200円をポチり。
食券を出し座る。店員のおじさん覇気がない。大丈夫か?まあいいや。

席に座ってボケっと待つ。店頭にはやたらと油そばの写真が貼ってある。割と美味そうではあったけど、大勝軒はやっぱつけ麺だよね。
味的にはそこまで好きなタイプではないんだけど、麺がなんとなく好きというか。ツル系で白い麺。ありそうで意外に他ではないんだよね。

ちょこちょこ後客もやってくる。この辺も結構カオスな場所だよね。オフィス街かと思えば日テレ??があったりして。新宿のちょっと裏みたいな空気がある。

ちなみにここの麺量は茹で前のg表記だそうだ。茹で前300gなら結構だよね。茹で後は500gくらいになるとかなんとか書いてあったがよく覚えていない。

そんなこんなで7〜8分待って着麺でござる!これだ!
新橋大勝軒 (2).JPG

うん、安定の大勝軒!この麺だね。でも店によって多少違うのかな?
新橋大勝軒 (3).JPG

そしてスープ。全部乗せだけあって具だくさん。見えにくいけど。
新橋大勝軒 (1).JPG

では早速頂きますか!まずはスープに箸を突っ込む。
チャーシュー結構たくさん入ってるね。ネギたくさんも嬉しい。そして味玉。
チャーシューの下にメンマ。メンマらしいメンマだね。まずはこいつから。
5〜6本ある太目のメンマをやっつける。うん、メンマらしいメンマだけど筍の味があんまりしなくて俺は好き。歯ごたえもいい感じ。

では麺行きます。一口ズルリンコ!
うん、大勝軒の麺だ!ツルっとしてて歯ごたえはやや優しいが決して柔らかすぎない。
この太いけど案外柔らかい食感が大勝軒って感じがする。
スープも甘め、甘めのスープだとよくある酸味が少なくて俺は好き。
この甘みはやっぱ脂の甘みなのかな。でも割とサラっとしててしつこくないんだよね。
マイルドな豚骨みたいな甘みかなぁ。スルスルと入って行く感じなんだよね、この両者。

そういえば…この味…。もしかしてやすべえも大勝軒の流れなのかな?なんか似てる気がした。
甘めのスープ出す店ってそこまで多くないもんね。ふとそんなこと思いました。
ラーメンつけ麺すごく食べていますがその辺知識とかはないので別にいいんですが。

ではたくさんあるチャーシューを食べてみます。
スープから出すとかなり軟らかく崩れそう。そんな感じなので一枚丸ごとパクリ。
うん、軟らかい。チャーシュー的な味を残しつつもこれまた甘い。この甘みが大勝軒な気がします。
色も全体的に白いもんね。ジューシーさがある割に重たくなくていいですね。

そんな感じでチャーシューを楽しみつつ麺をズルズル。麺、器が案外深くてやっぱなかなかの量。
でもこの感じなら大盛りでもサラっと食えちゃうかも?っていう印象です。

ではお次は味玉。一口パクリ。うん、まさに味玉!黄身の固まり具合は良好です。
ただ結構スープの味が強くて味玉本来の味はややかすんでしまっているか。

半分くらい食ったところで調味料を色々投入します。
ここは魚粉、すりおろしニンニク、胡椒、一味など割とたくさん。
魚粉と一味をまずは投入。でも、いつも思うけど魚粉ってそこまで味変わらないよね。
相当大量入れないと。まあほどほどに入れて食べます。

ちょっとだけ味にアクセントが付きますが、まだまだ。さらに魚粉と一味、そこに今度はコショウもプラス。
それでもそこまで変化しないという。そんなに濃いスープな感じしない割に芯があるんですかね。

胡椒が一番効くけど、そこまでマッチしている感はないかも…。まあそれも大勝軒です。
そんな感じで残りのチャーシューと麺を楽しむ。そして完食。
ごちそうさまでした。腹具合もちょうどいいですね。

やっぱり安定の大勝軒でした。すげー美味いって感じではないんだけど、なんかこれはこれで好きっていうか。
食べやすいよね、何より。なんかよくわからないけど、食べやすさっていうのをすごく感じます。
麺のせいなのかスープのせいなのか、その両方なのか。
それでも決してあっさりではなく、かといってこってりでもなく。この味こそが大勝軒なのでしょうか。
つけ麺の元祖と言われるだけあって、つけ麺の入口としては最適な感じします。くせもないしね。

そんで、たまになんか食べたくなる味というか。
コスパ的にも大盛りまで750円だし、いいよね。この大盛りまで同料金っていうのが俺の中ではつけ麺の一つの魅力なので、つけ麺なのに麺量が少ない店とかあるとちょっと憤りさえ感じてしまうわけです。
そんなこんなひっくるめて、偉大なのかなと思ってしまったりします。
東池袋の大勝軒にも一度は行ってみたい気がするけど、なんか混んでそうでイヤだなと。
味がそんなに違うもんなのかなぁ?って気もするし。まあそれはいっか。

なんだかんだで常に店は半分埋まっている感じ。っていうか席と席の間隔せま!!
これは混雑してたらひじのぶつけ合いですね?左利きの人とかいたらもう大変。
麺で麺を洗う壮絶な戦場になるのが目に浮かびます。いいえ嘘です。浮かびません。
もといそんなことどうでもいいです。世の中の半分くらいのことをどうでもいいと思ってしまう人間ですからね。

そういうわけで食べ終わったら即退店。
カウンターに食器をのせ、ごちそうさまと声をかけると厨房の中から元気な男女の声が。
うーん、さっきのおっさんはバイトかな??まあいいや。

外に出る。いい天気。いい天気だけどやっぱり8月とは違うよね。サラっとしてる感じがいいですね。
しかもこの店!外に灰皿がおいてあって囲いまである。おおー。ここで一服ですな!
買っておいた烏龍茶を飲みながら一服。
ああー、いい天気だなぁ。この週末はやっと布団干せる。洗濯物もカラっと乾く。
なんていう思考だからね。おっさんなのかおばさんなのかもうわからないよね。
まあいっか。アラフォーだし。アラフォーとか歳だとか、感じることはあるけど実際はそこまできにしていないんですよね。
人に言われるとあぁ??って思うけど。もう自分の年齢さえもどうでもいいカテゴリーに入ってきつつあるという。
まあでも、誕生日おめでとうって言ってくれる人がいるのは嬉しいよね、単純に。
当然、年々減っているわけですけどね!!まあ仕方なし!俺の人望のなさ!
でも、薄っぺらいおめでとうの言葉なんていらないもんねー!!!という負け惜しみに似た何か。

まあ、いいんですけど。こうして一週間がまた終わって行きます。
今考えることは、年末年始どれだけ休めるか。それに尽きます。長期休暇取りたい。連休取りたい。
でも取れない。困ったなぁ。もうちょっと休み欲しいなぁ。
というわけで季節の変わり目ですから、みなさん体に気を付けて頑張ってくさい。
ごめんくさーい!







posted by クロペソマソ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック