2016年04月18日

稲荷町 さんじ

おっつー、おっつーかれいめん!!
イエイ、とそんな無理なテンションで始まりました今週です。麺です。
4月もあっという間に後半に差し掛かってまいりました。すっかり暖かくなってきて、もう参っちゃいますね。

とまあそんな感じで初めての日曜の夜勤を終えての本日。麺を食います。
さあて、どこにいこうか。そろそろちょっと遠出をしなければなるまい。遠出といっても、電車で20分、30分くらい行くくらいだが。都内ならそれだけでも選択肢はかなり広がりますからね。
近場ばかりをせめていたので、店的にも飽和してきたし、シフトが変わって夜勤明け昼寝するわけにもいかなくなったからちょうどいいのである。
そんな感じで色々と検索。
お、ここなんかいいな、と思ったのがさんじという店。麺がそばっぽい。無化調。なんか美味そう。
ってことで決定。

なんだかんだとバタ付きながらも無事に仕事を終え、電車に乗る。どうせ10時に終わって11時開店の店に行くんだから、ちょっとくらい遠くても問題はないはずなんだよな、うん。
と、眠りこけながらも電車で稲荷町まで。初めて降りる駅だ。
やや上野方面に向かうこと5分くらいで店に到着。11時ちょうどくらいだ。
特に並びなどはないようだ。店頭のメニューをちょっと撮ってみる。
さんじ (1).JPG

あ、店の前に来るととてもいい豚骨の香りが!!これは美味い豚骨じゃないのか?
豚骨とすぐにわかるニオイでありながらも変な臭みを感じない。ってことで入店ガラガラ。
お、一番乗りだ。入ってすぐの券売機で食券を。
ラーメンにも惹かれたが、熱いし初志貫徹でつけ麺だ!
特製つけそば1000円をポチり。
厨房の店主らしき人に食券を渡して席に座る。しかし思いのほか空いていたなぁ。月曜の午前っていうのもあるのかな?っていうか駅前こそそこそこ人がいるものの、店周辺は人がかなり少ない。その影響か。
しかしきっと昼時はそこそこ混雑するんじゃないか、という勝手な妄想。

っていうかここ結構新しい店なのかな?店内は綺麗。なんかリニューアルしたなんていうのはなんかの口コミでは読んだけれども。
すると、店主らしき人がよってきて、サービス券をくれた。永久に使えるそうだぞ。麺の大盛りから味玉などのトッピングまで…。すごいな。永久に使えるって。リピーター獲得のためですね。

と、そんなこんな5〜6分で着麺でございます!!
さんじ (2).JPG

あら、とってもきれいな見た目ですわね。まずは麺!
さんじ (3).JPG
チャーシューたくさん!鶏チャーシューが3枚に、ローストポーク的なのが二枚。そこに味玉、海苔が4枚くらいかな。
麺はやはり黒い!!
スープは具のない透き通った色。醤油と煮干しという感じだろうか。
さんじ (4).JPG

では早速頂きます!!
煮干しとかいわれがちょこんと乗っかっていますねぇ。しかし捨て具がないので麺にいきなり行くしかありませんね!一口ズルリンコ!!

お、この麺!他では食べたことのない味だな!コシがありつつも硬すぎず、麺の風味というか味が特徴的だ。
見た目通りそばっぽい、って感じもしなくはないが、当然そばとは全く違う。
なんだこの味は。表現ができない。でもどちらかというとラーメンよりではあるのかな。
とにかく、俺は好き。美味しい!!
スープも煮干しが香りつつもエグみは全くなく、さわやかに醤油も感じる。
油感が割とあるのだけど、口に入るとスーっとつけて変なしつこさ全くなし。すごいなこれは。
無化調らしいけど、変な味がしない、自然さを感じますね。ダシと自然の油。これがまた麺とよくマッチしております!!

そんな感じで一通り麺を味わい、海苔を食べつつ、具に行きます。まずは鶏チャーシュー。
一枚パクリ。
おお、これもまたとっても優しいお味!!タンパクなんだけどすごく柔らかい。鶏肉なのかなんなのかもわからないくらいに臭みがない。味がないと言えばそうなんだけど、そういうマイナスイメージではないのがすごい。
もう一枚、スープに浸して食べてみると…。これもまたいい!スープがいい感じに染みて肉感と共に美味しいです。

では次に豚の方。ローストビーフと見間違いそうなくらいの色ですなぁ。一枚パクリンコ!
おお、これは鶏とは打って変わって豚らしい味と香り!!しっかり目の肉感ながらも嫌味がない。
味も香りを除けばローストビーフ的な感じだ!すごいなこれも。美味いぞ。
上品な肉食ってる感じしますわよ。

なんか具のレベル高いなぁ。では次味玉!!一口パクリンコ。
む、冷たいなぁ。黄身の固まり具合良し、味付けはやや濃いめでそれがまた全体の中で引き立ちます。
ただし、冷たいせいでやはり味が伝わりにくい感じがします。今日初めてのマイナスポイント。
まあ味玉が冷たい方がいいか温かい方がいいかっていうのも好みだとは思うけどね。俺はほんのり温かいくらいがちょうどいいかな。

そんな感じで再度麺をズルズル。うん、この麺、不思議な味だけど美味い。好き。
このスープも、具がないスープなんて物足りなさを覚えてしまいそうだが、これについてはそれはない。
最初口に入ったときの油感が、噛むうちにドンドン消えていく感じ。心地よし。
麺の味とスープの味を両方楽しめますわ。
麺の量も多くはないが、思ったほど少なくもない。いいぞいいぞ。

で、途中で卓上にあった粗びき胡椒的なものを追加してみる。
うん、これも合うね。よりラーメンらしさが出る感じだ。この胡椒もいいなぁ。きつすぎずにピリッとした味わいです。
そんな感じで残りの具と麺を存分に楽しみ、完食。
やはり全体的にサラっとした感じなので、具も麺もスルスルと入ってしまった。
腹は8分目にも行かない感じだが、なんだか妙に満足感があるなぁ。
スープをそのまま飲んでみても濃すぎる感じがしない。これは大したもんだ。結構油あるのに、スーっと消えていくんだよなぁ。

なんというか、新しい味という感じです。黒全粒粉という麺なんて他で聞いたことがない。
確かに変わり種ではあるんだけど、味的にそこまで突拍子もない感じでもなく、普通に美味い。
スープも具もレベル高いと思います。好み的なものももちろんあるんでしょうが、ある程度大人な年齢で、ギトギトガッツリがすべてではない、という境地に達している人ならきっと楽しめるはず。
無化調の店の中でも、また違った感じのナチュラルというか、優しい味わいを楽しめるのではないかと思う。

つけ麺も美味かったけど、やはり最初に店頭でかいだ豚骨の香りが気になる…。
この麺と豚骨、どうなるんだろうか…。これは…近いうちに再訪があるかもしれません。と言っても何か月か後だとは思うけども。

と、食べ終わるころにはチラホラ後客が来店。やはり昼にかけてはそこそこ入ってくる、って感じなんですね。
でもほとんどが一見さんっぽい。皆に永久のサービス券を渡している。
これからの店なんですかね。上野エリアのラーメン事情には詳しくはないが、頑張ってほしいですな。

ごちそうさまと声をかけて店を出る。元気にあいさつしてくれます。ご夫婦でやってる感じなのかな?
がんばってくださーい。

外に出る。暑い。湿気が出てきた。春を超えた春の気候だ。
さて、上野まで歩きつつ一服できる場所を探すかぁ。こうして動いてみると、やはり案外満腹ではないことに気が付く。やっぱ細麺だからなのかなぁ。
でもそれでも物足りなさ的なものは感じなくなってきているのが、ある種の年齢的なものなのだろうか…。
トホホでヤンス。

そんなことを考えつつ、上野駅に向かって歩いて行く。と、陸橋の上に喫煙所発見。ついてるぜ!!
っていうか、上野も来る方角によって全然印象が違うな。綺麗になった??まあいいんだけど。

そんな4月半ばのさわやかな一杯なのであった。
今後は、月曜の麺はやや遠出する方向で考えよう。木曜は相変わらず近場で攻めたいが…。
そういうことでシクヨロちゃん!!ではまた次回!

今日も、ごちそうさ麺!!でした〜〜。
あーモフりたい。毛のモフってる動物にほおずりしたい。






posted by クロペソマソ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436821320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック