2016年06月02日

六本木・乃木坂 楽観 NISHIAZABU GOLD

おっす、オラおっさん。今日も麺食うぞー!
っていうかもう6月じゃないっすか。やばくないっすか?もう今年も半分終わろうとしてるんすよ。
やばくないっすか?今年何にもしてないっすよ。仕事しかしてないっすよ。
やばくないっすか?

多分、やばいともやばくないともとれる。どっちでしょうか?もはやどっちでもいい。
そんな訳のわからない葛藤を抱えつつも俺は今日も麺を食うのです。むしろたいして葛藤もなにもないっちゃないわけです。

で、今日の店は。職場の近くにちょっとアレな感じの店があるので。
麺の後ちょっとした用事があるので近場でちょうどいいな、ってことで決めました。
というわけで、比較的平和に過ごした?一週間。パッと職場を出ます。

そこから徒歩。六本木駅からだと、六本木通りを渋谷方面へ。EXシアターを過ぎて少し歩いて右に入り、すぐ左。そして少し歩くと店はあります。六本木、麻布っぽいコジャレた感じの店です。

看板を見てはいると、あれ、入口二つ。正面は…いなり屋さん??いなりずし?
で、左手にあるのがこの楽観です。ドアはなく、のれんを超えると直ぐ店内でちょっとびっくりです。

突き抜ける青空から一転、薄暗いバー的な店内。狭いけど綺麗な感じです。
ちょうどリーマンのおっさん達がお会計中。なんか客も小奇麗なスーツでアレな感じですなぁ。

店主は結構若いニーちゃんですな。一人でやっているようなので、勝手に空いている席に座ります。
メニューは少ない。琥珀800円、特製琥珀1000円、大盛り100円。これだけ。
ほほう、わかりやすくていいですね。まあとりあえず特製琥珀だな。多分麺量は多くはないだろうから、どうしよう、大盛りにしようかなぁ。最近麺食う時1000円超えが当たり前になってきたなぁ。
まあいつも特製とか全部のせ頼むからなんだけど。

店員さんやっと手が空きました。そこで特製琥珀大盛りでお願いします。
若いけどしっかりした青年ですね。真面目そうでいいです。

調理をしつつ、先客1人とラーメンについて話してます。知り合いなのかな?
材料がどうとか、味がどうとか話してます。

水を飲みつつ待ちます。なんか最近はおしゃれなラーメン屋も増えたよね。
ラーメンブームはブームで終わらず、一つの食事のジャンルとしてしっかり確立され感じがあります。
昔とは違う感じでね。料理として。まあ、俺は料理的なラーメンも大衆的なジャンクとしてのラーメン両方好きだから。
そういえば最近J系食ってないなぁ。そろそろ食わないとなぁ。
なんで食わなかったのかはわからないけど。ちょっと行きにくいとこまで足を伸ばして行ってみようかな。

ってことで、7〜8分待って着麺でございます!!
乃木坂楽観 (2).JPG

うん、綺麗な醬油ですね。キラキラしています。
麺とスープにズーム!!ハイ!!
乃木坂楽観 (1).JPG

細めの中華麺と言う感じでしょうか。量は大盛りだけど、そこまで大盛り感はないか?でも丼の大きさとかもあるからね。食べてみないとわかりません。
ではいただきます!!

捨ての具(?)がない感じなのでスープから行ってみます。ズルリンコ。
ぐお!!こ、これは…美味いな。
澄んだダシと醤油、意外に多い油。鶏ガラかな?無化調だって噂だけど確かにと思いつつ…。
なんていうか、すごい澄んでいる。そういう印象ですね。すごく上質で上品というか。
それでいて醤油と鶏ガラ的な親しみやすい味で、まさにラーメンというか。
これは大したもんだなぁ…。

ではメンマ食べます。太目です。パクリンチョ。
お、柔らかい。いいですね。これもまた上品なんだけどしっかりメンマ。高い和風居酒屋のお通しにでも出てきそうな。うんうん。

麺、行きます。ズルリンコ!!
う、硬い!結構硬めの茹で加減ですね。しかし食べ応えがある。スープとしっかり合う中華麺的な完食。
ふむふむ。硬いけれどこれはこれで。っていうか歳のせいか麺柔らかめが好きになってきているせいもあるかもしれない。昔は断然硬め派だったんですがねぇ…。
しかしこのスープは秀逸だなぁ。ボケっと食ってると普通のラーメンじゃんみたいに思いそうな味ではあるんだけど…いや、気づくか。気付くよな。この澄んだダシと醤油の味。油が思ったより多いことによりしっかりラーメン感を出している気がする。

そんな感じでズルズル。うんうん。前回食べた永福町大勝軒と似てそうな感じがするけど全然違うというか。
全く方向性が別ですね。無化調の味って優しい感じのイメージだけど、ここはやさしさというよりは洗練されているというか、キレがある感じしますね。

麺の量もやっぱ多いな。大盛りですからね。ってことでチャーシュー食います。
肉感しっかり系かな?一口パクリ。
うん、肉感しっかり系です。噛みちぎります。とはいえ嫌な硬さではなく、肉食ってる感が出てていいですね。
味付けも薄すぎず濃すぎず、なんかちょっと牛っぽさを演出しているような味?とでも言えばいいのかな。
チャーシューは柔らかければいいってもんでもないですからね。いいと思います。

次は味玉。パクリ。お、食べてみて気が付くけど大玉だな。大きいです。
そして味付けも上品ながら味玉らしい味。黄身の固まり具合、味の染み具合も絶妙でございますね。

ふむふむ、さすがのクオリティでございますね。と納得しつつ麺をズルズル。
このタマネギがまたいいんですね。もっと大盛りで入れてほしいくらい。醤油の味を引き立たせている感じします。

麺、やっぱ結構多いね。200g以上はあるかな。細麺で200gとか超えてくると結構多く感じるよね。
大盛りにして正解でしたわ。

と、途中で卓上のコショウや一味を入れて楽しむ。うん、ちょっとしたアクセントになっていいですね。
残りの具と麺をやっつけて完食。スープを名残惜しく飲む。終盤は麺の硬さもほどよく柔らかくなってきてよなかったですね。腹7分目くらいかな。十分です。

いやいや、昔ながらの中華そばを超ハイクオリティにしました、的な感じかな?
とにかくこのなんていうか、何度も言うけど、澄んだ、澄み切ったスープ。これに驚く。
「澄んだ」という表現が自分の中でしっくりくる醤油スープは、初めてです。
かと言って上品すぎずラーメンって感じもしっかりあって。大したものです。
麺まあ普通?かな。スープには合っていたと思いますが。
具もこだわりを感じるもので、美味しかったです。こういうパッと見普通のラーメンに見えるものが1000円超えてくるっていうのは高いと感じるかもしれませんが、興味が湧いた人は食べてみてください。
ラーメンの原点ともいえる味を、余分なものをそぎ落とし上質に仕上げこだわり抜いて作られたものだと感じられるのではないかと思います。
まあこの周辺の、金持っててお高くとまっているけどその実中身はゲスな大人にはピッタリかもしれませんね。これは俺の僻みもありますが。
要するに、小金持ちも食べに来ちゃうラーメンってことですね。訳わからないか!そっか。
とにかくちょっとこのスープは衝撃を覚えましたね。よかったらお試しあれ!!

ってことでお会計をします。この青年、真面目で真剣な感じがいいですね。イケメンだし。
楽観って実はアルスとかも系列なんだね。上品で上質なラーメンみたいなものが根底にある感じしますねー。

外に出る。なんかここ数日ちょうどいいよね。天気が良くても熱すぎず、この時期特有の変な湿度もなく。
夜はちょっと肌寒いくらいだし。このまま夏まで行ってくれればいいけど、梅雨はやはり来るんだろうなぁ。

さて、乃木坂まで歩いて電車に乗るっぺか。
しかし、いつもにも増して今週はあっと言う間だったなぁ…どうしたのかな。
また少し歳をとったってこと?怖いわぁ…。もう6月だしね。参っちゃうよ。
ま、その日その日堅実?っていうか、普通に生きていくのも大事っちゃ大事だよね。
と自分に言い聞かせるのでした。

そんな感じでまた来週!
では今日も、ごちそうさ麺!!でしたー!!

梅雨は、雨ふるよ。







posted by クロペソマソ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック