2016年11月04日

東十条 麺処 ほん田 東十条 本店

お疲れーっす。どもども。
昨日更新がなかったから死んだかと思った??残念ながら生きてマース!!!
生き生き、生きています。一応。
昨日は祝日だったし、まあアレコレそんな事情で麺は食いませんでした。
でも今日食うから!!金曜食うから!!食ったから!!

いやー最近めっきり寒くなりましたねぇ。参りましたね。まあでも秋ですから。11月ですから。
まあいいか的な感じですよね。何がまあいいかはわかりませんけども。

さてさて、どこに行くべかな。休みの日だし近場がいいな。ってことで、近場で探すとあらまあ、あるじゃないの。
有名な店。そう、ほん田です。名前は当然知っていましたが、行動範囲じゃなかったので、行かなかったわけですね。
ってことで、じゃあ行っちゃうか!!ってことで決定。昼間も比較的遅くまでやってるみたいだしね。

朝はいつも通り昼前に起き、掃除に洗濯、もう主婦かよ的な。
そして14時半くらいに家を出て、電車にちょびっと乗り、東十条へ。店は駅から近いです。

トコトコと歩いて店に到着。いつも行列だという店ですが、どうでしょうね。
お、外待ち一人のみ!!やったぜ!まあ平日のこの時間だからね。15時ちょい前です。
一度は外の椅子に座るが、張り紙に食券買ってから待て、と書いてある。そうですか、ってことで店内に入り食券を。ちなみにメニューはこんな感じ。
ほん田 (2).JPG

濃厚豚骨魚介も惹かれるけど、ベーシックにあっさりの方で行こうかな。
ってことで特製手揉み中華蕎麦970円をポチり。麺量は150gか、ちょっと少ないかな?50円で100g増せるのか…と思ったが、とりあえず普通でいいや。ラーメン250gって結構多いもんね。

でまた外に出て椅子に座る。
するとほどなくして店員がやってきて、食券を回収していく。細麺と太麺が選べるとのことで、当然太麺でお願いします。
で、すぐに店内に案内される。席に座り、待つ。店内は10席ほど、L字型のカウンター。
思ったよりも若い客が多いなぁ。とりあえずボケっと待つ。
なんか店内に山岸さんとかとみ田の店主とかのイラストの色紙がはってある。山岸氏はホントどこにでも出てくるな。すごいな。
店内の客の食べてるものを盗み見ると、この気温でも案外つけ麺食ってる人多いな。

するとまた一人後客来店。その後店員がのれんを片付け始めた。材料切れ終了というのは見たけど、結構早いなぁ。間一髪だったなぁ。と、店内の張り紙を色々見てみると、あれれ?金土日は15時までじゃん!!
あらまー!!本当に間一髪だったな!ミスターバッドタイミングの異名をとるこの俺が!!
今日は駅についてすぐに電車も来たし…。どういう風の吹き回しでしょうね。

と、着席から10分ほどで着麺でございます!!キタコレ!
ほん田 (3).JPG

うんうん、いい見た目だね。
チャーシューたくさん、味玉、メンマ、海苔、ネギ…。まさにラーメン。
では手揉みの太麺なるものを見せて頂きましょうか。
ほん田 (1).JPG

いいですね、スープキラキラ。麺、やや平打ちで、手打ちっぽい感じが出てますね。
ではいただきます。まずはスープを一口。通ぶります。
お、これは…焦げた感じの香ばしい香りが来ますね。焼き鳥屋とかで感じる…。イヤ、炙りチャーシューみたいな香りかな?
その後に醤油と煮干しの味が来ます。これ、煮干しだよね?すごい上品。香り少な目で味だけバッと来る感じだ。醬油味も優しめだ。確かに美味い。

ではまずはメンマ食います。パクリンチョ。
うん、昔ながらっぽいメンマ味!コリコリ感があるがいい味ですね。懐かしくも美味しいです。

では麺、行きますね。ズルリンコ!!
おお!これは!!ピロピロっとした食感あります。手打ちらしいモチっとした歯ごたえとつるっとした喉越しです。これいいね。俺好き。凪の麺をもっと少しツルピロにした感じですかね。
それがまたこのスープとマッチしていて。いいですね、うんうん。

最近醤油ラーメンよく食べてて、美味いなぁって思うんですけど、その辺ってなんていうか、万人受けするすごい美味いっていうのとはちょっと違うという印象が個人的にはあったんですね。
でもどうやら、違うんですかね。こういうあっさり系のダシとか色々美味しい玄人好み?とでも言えばいいんでしょうか。そういうラーメンが人気が出る傾向になってきているんですかね。それとも、俺の考えというかイメージがとんちんかんだったんですかね。
まあ実際、人気店の中にはしっかり味の濃いいかにも美味しいって感じの店もありますからね。
って、何言ってるかわからないですね。はい。

そんな感じでズルズルと食べます。うん、美味いです。確かな美味さ。
何が美味いとかそういう感じよりは非常に秀逸なバランス。上質なバランス。何が前に出るわけでもなく、全体に一体感がある。敢えていうなら、麺が特徴的。しかしそれも含め完成度が高い。

では具、行ってみますか。チャーシューはこれは一種類で部位の違いなのか、二種類なのか…。どっちですかね。
まずは上に載ってるロースト系から食べてみます。パクリンチョ。
お、美味い。ローストビーフ的チャーシューはよくありますが、これは程よい厚みがあるのに非常に軟らかい。それでいて、ジューシーさがありますね。ローストポークはひたすら赤身?というかタンパク感多めですが、これはなぜかジューシー。脂の多いスープでもないので、肉自体にほのかに脂身があると思われます。

そんな感じで肉をパクパク。うん、美味い。麺もスープも肉も。ハイレベルな安定感がある。

ではお次は味玉。非常に軟らかい。パクリンチョ。
中身は白身もほのかに液状だ。しかし黄身の濃厚さと味付けはやはりハイレベル。とろりと美味い。

そんな感じで麺と肉とスープを食していきます。うんうん、飽きの来ない美味さだ。

で、パッと美いかにも豚チャーシュー的な薄目の肉を食べてみる。これもローストっぽい感じはあるが、もう少ししっかり火が通った感じですね。でも美味しい。どちらにせよ美味しい。

で、引き続き麺を。150gにしては結構ボリュームを感じるね。この手揉みの麺のせいかな。
この麺好き。凪が好きな俺にとってはこの麺は好き。凪の麺と張るか、それ以上に美味い。ぴろっとしているのにモッチリもしている。さすがです。
そして大きめに切られたネギもいい感じ。煮干しにはネギ。最高の相棒です。

とそんな感じですべてを堪能し、スープもほぼ完飲で、完食。
うん、意外に満足感がありますね。満腹感までは行きませんが。

有名店が必ず美味いとは限らない。しかし、ほん田の味は確かでしたね。
何よりも全体の味の良さと、そしてそのバランス。まさに「おいしいラーメン」というものでしょうか。
これはね、食べても飽きないし、誰でも美味しく食べられるラーメンだ。中高年が好きそうだなぁと思う味なわけですが、実際には客は若い人結構多かったわけで。
うーん、時代も変わってきているのでしょうかね。如何にもラーメン、中華そば、そういうものを昇華させたものが喜ばれる。いや、俺が知らないだけで昔から愛されてきたのかもしれないが。
この感じだと、コッテリの方もぜひ食べてみたいなと思ってしまう。でも全く別の味、別のラーメンになりそうな気もする。
ちなみにつけ麺の方はまた違った麺で、太麺のストレートでしたね。気になるなぁ…。

時間さえ外せばそこまで激混みはしなさそうなので、平日に動ける俺としてはまた行ってみたいなと思ってしまう感じですね。
では、食べ終わったら即退店。店はもう閉店準備。店員さん賄い食べ始めてます。夜の部も頑張ってくださいねぇ。ごちそうさまと声をかけて店を出ます。

外は少し肌寒いが天気がそこそこ良いのもありそこまで寒くない。
ふう、その辺で一服するかぁ。しかし、立ち上がってみるとやはり腹は7分目くらいか。
ハラペコさんは中盛り以上必須ですなぁ。まあいっか。

ではでは、その辺をブラブラというか、まあ用事のようなそうでもないようなことをしつつ。
そんな11月最初の休日。もう今年も終わりやなぁ。終わりやで、なぁ。

まあいいんですけどね。っていうか寒い。寒さがこたえますぜ。
美味いおでん食いたいなぁ。いや、別にいいや。でも鍋関係がこれから美味しくなりますからね。
すき焼きがいいかな。すき焼き好きなんで、ええ。

とまあそんな感じで今日はここまでで。
また来週!!風邪ひかないように気を付けてくださいね!!
そういえば…食欲の秋じゃね?秋じゃね??なんか最近腹減るの早いし…この際、太りますか?
太ってる方がアレだよね。おじさんだし。多少太ってた方が…みたいなところありますよね?ねえ??
そうでもない?いやあるよね?ねえ?いいよね??

ってうるさいわ!!勝手にせいや!!
と自分で突っ込んだところで、本日もごちそうさ麺!!!でしたーーー!!

パンツははいても…はかれるなよ?







posted by クロペソマソ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443514265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック