2017年03月06日

神保町 黒須

どもーこんちはー。俺だよ!!おじさんだよーー!!
そう、麺だよーー!パッパラピー!!
どうも、ブログの中のテンションは、実はウソです。本当は暗い人間です。ここ2日笑っていない気がします。
まあ夜勤明けだからだけども!!コーテメーンドー!!

あ、なんか変な感じになった!!いや、普通ですからね。大丈夫ですからね。根暗なのは本当ですが。
とにかく、麺、食います。3月に入って!ひな祭りに桜餅食ってね。割と、食っても太らないなぁなんて油断してて食いまくってたらやっぱりポッコリと腹が出るんですね。人間ってやつぁ。

で、麺どこ食おうかなー。なんか月曜は寒そうだから、普通の麺がいいかなーなんて思って、あそうだ。
あそこに行こう。と即決しまして。

んで、サクッと夜勤を終えて仕事に向かうわけです。夜勤はガッツリ仕事はしているつもりですが、記憶があいまいです。
昨日暖かかったもんだからちょい薄着。職場を出ると肌寒い。しかも雨が降るっていう。ってことなので、足早に電車に乗って神保町へ。とかいいつつも、気を抜くと寝てしまって乗り過ごす。毎度お馴染みです。
それでもなんとか11時前に神保町に到着。
駅の西側です。専大前交差点を左に入り、ビルの間の細い道を行くと店があります。あ、集英社だ。

まだ11時にはギリギリなってないが、もうオープンしているぞ。素晴らしいね。ってことで入店ガラガラ。
一番乗りでございます。では券売機で食券を。
黒須 (1).JPG

あ、煮干しがある!!となると煮干しに…といつもなら行くが、今日は我慢して、普通の行きましょう。
ってことで特製醤油蕎麦1050円をポチり。多分麺量は少な目だろうから…と思ったが、ここは自重します。

店内は和風で小奇麗ですね。L字型のカウンター。10席はないでしょう。木目調で落ち着いた感じです。
座ると女性の店員さんが水を持ってきてくれます。おばさんですね。まさかお母さんではないですよね?

知ってる人も多いと思いますが、この店主は某テレビ番組のラーメン屋企画みたいなのに出ていて、最後の方まで残っていた人なんですね。俺もそれを偶然何回か見ていて、あれ、この人…??やっぱり!あいつだ!!
と、知ってる人だったんですね。もう人生の半分昔のことになりますが。某後輩だったんです。
諸事情により覚えていたんです。すっかり大きくなって。イケメン風になって、ねえ?

そんなことも忘れかけた頃、ラーメンDBを見ていると、あれ、この名前…。となったわけです。
しかも評価も上々。これは行かないといけないですね。ということなんですね。
まあ俺も全く彼のことなんて忘れていましたから、彼も俺を覚えている可能性はかなり低いでしょう。
彼は昔の面影がかなりありますが、俺は多分まったくないので。

と、5分もしないうちに着麺でございます!
黒須 (3).JPG

うん、綺麗な見た目ですね。琥珀色のスープがいい感じです。さて、麺はどんな感じかな?
黒須 (2).JPG

細麺ですね。たまに見かける何か練り込んである麺です。これが全粒粉、なんですかね??
では頂きます。
具も肉と玉子くらいなので、スープを飲んでみます。うん、醤油だね!!
無化調らしいですが、今まで食べた無化調の醤油ラーメンよりは、だいぶラーメンらしいというか、親しみやすさというか、油が結構あるんですね。そこにしっかりとしたダシ。コクがあります。

お、実はメンマが一本ありました。穂先メンマのような長いものですね。パクッと言ってみます。
ん、これは!穂先系かと思いきや歯ごたえしっかり!コリコリ系です。味も筍の味が強く残っています。
ほほう、これはなかなか。残念ながら俺は筍が嫌いですが、客観的に見てこれは美味いと思います。
筍が好きな人はいいですね。こういうメンマって珍しいです。料理的ですね。

では麺、行ってみます。ズルリンコ!!
うん、細麺らしい少し硬めの応えですが、喉越しがいいですね。スープとの相性もいいです。
麺を食べるとスープの味もより中華そば的というか。どこか昔ながらのラーメンを思い出させます。
が、非常に和風で上品なダシなんですね。そこに油が割としっかりあって。
無化調だと割と優しいダシの風味が…って感じですが、これはしっかりラーメン!!って感じですね。
ダシと油のバランスが非常にいいです。ありきたりにならず、ただあっさりにもならない。

そんな能書きを垂れつつもズルズルとすすっています。
では肉食いますか。見た感じ鶏のチャーシューと豚のチャーシューが一枚ずつですね。
鶏はレアっぽいですね!では鶏から!パクリンチョ!!

おお、これも面白い!!過去食べた美味しい鶏チャーシューはどれもタンパクながらも柔かい感じでしたが、ここのは違う!!硬めです!コリっとした食感ですね!しかし嫌な硬さではないんです。
焼き鳥でありそうな食感ですね。まあ焼き鳥ほどの油っこさはないわけですけど。
これは面白いですね。レアな感じなのに鶏の臭みはなく、コリっとしてるけど普通に噛み切れて。
独自の調理法なんですかね。鶏がレアなんで食中毒になりそうですが、この食感からすると熱は通っているのでしょう。当たり前と言えば当たり前ですが。

では豚に行きます。パクリンチョ!!お、これもロースト系のあれですね。低温調理でしょうか?
これもいい食感ですね。この店の肉は、柔らかけりゃいいってもんじゃねえんだ!みたいな哲学を感じますね。
まあ俺が勝手に感じただけですけど。肉らしい食感を残している。そんな印象です。
食べた感じ味付けもだいぶナチュラルなのですが、ちょっと何かしてある感じはします。
現代の上品で料理的なラーメンなんだけど、でも他とはちょっと方向性が違う感じがあります。

うんうん、面白いですね。無化調自然派の優しいラーメン、と簡単には説明できない感じが全体的にあります。

では味玉も行ってみますか。パクリンチョ。
うん、非常に柔らかいながらも黄身はいい感じに固まっていますね。これもまた味付けが微妙なんですね。
玉子の味だよ!!と思わせといて後からちょっとした塩気が来る。ニクイですね。

そんな感じで麺とスープズルズル、肉パクパク。
食べれば食べるほど無化調らしくない。無化調なのに無化調らしくない感じ。ある意味すごい。
っていうか本当に無化調なのかな?もし違ったらごめんなさい。ラーメンDBにクレーム出しておいてください。

とそんな感じで完食。まあ量的にはやはり少ないですが、じゃあ替玉行くかっていうとそこまでじゃない感じが。ハラペコさんは替玉の用意をどうぞ。150円なら肉飯もいいかもね。
名残惜しくズルズルスープを飲み、結構飲んでしまいました。

全体的にしっかり作ってあるのと同時に、自分の哲学を感じますね。それぞれが今まで食べたものとちょっと違う感じがあります。ちょっと違うというか、方向性の違いですね。微妙にではあると思うんですが、食べれば食べるほど、それがしっかり分かったような気がします。まあ俺はただ数食ってるだけで専門家ではありませんけど、そんな風に感じました。無化調だというのが本当であれば、これは面白いです。
雑味はないが「ラーメンらしさ」はしっかりある。あっさりのラーメンも美味しいですけど、食べたあとに「ラーメン食ったなぁ」っていう気持ちになりましたね。ジャンクさというと失礼かもしれないですが、そういうニュアンスを残した、現代のラーメンだなぁと思いました。
具にもこだわりが感じられ、こだわるだけじゃなくてちゃんと美味しくて。
ちょっと昔知ってる人っていうひいき目を抜きにしても、評価が高いのも納得です。
老若男女楽しめる麺ですね。
まあ素材もこだわって手間もかかってるでしょうから、コスパは良いとは言えませんけど、一度食べる価値はあるかなと思います。
有名店人気店がひしめく神保町に店を出すくらいですから、きっとそれなりに自信もあってのことなのだとは思いますけどね。今後とも頑張ってほしいですね。

そうこうしているうちに後客来店。さすがに平日の午前から大繁盛、とはいかないですね。
しかし営業は11〜15時なので、行けない人は全くいけないとは思いますが。機会があればぜひ一度!!
煮干しも気になるところですね。
丼を上げて、ごちそうさまと声をかけて店を出ます。

腹は七分目程度か。でもこれでお茶を飲んで一服したらまあまあ腹いっぱいになるんだよねぇ。
ってことで今日も後楽園まで歩くかぁ。幸いまだ雨はパラパラっと降っている程度だ。

途中で一服できる場所を見つけつつ、帰るとしますかぁ。
しかし寒いなぁ…。夜はもっと冷え込むようなので、みなさんご注意下さい。
年度末に風邪引いたりしたら色々とアレでしょうからね。

では今日はこの辺で!!寒いし眠いしどうしようもねーー!!
あー温泉生きてーーー。旅行行きてーー。
みんな春休みとかあるの??ある会社あるのかな??俺は当然ないけどね!!!

長期休暇をくれ!!とにかくそれしかない!!まずはそれ!!
まあいいか!!いいよね!!とりあえず!!

じゃあそんな感じで本日も、ごちそうさ麺!!でしたーーー!!

デブっても、デブられるなよ!!!な!!!

グッドバイ





posted by クロペソマソ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447649517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック