2018年05月18日

駒込 日本麺料理 さくら

こんにちは!本日イレギュラーの更新でございます!
本日はワタクシ休みなわけですが、なんとなーく麺食おうかなぁーって気になったわけです。ちょっと近所まで出かける用事もあったもので。
ってことでひたすらなんとなく行く店を考えます。うーん、営業時間的に日頃行けないところがいいなーと思い選びます。

では、家のことを色々と済ませて家を出ます。今日もいい天気、そして暑い。えっちらおっちらと歩いて出かけます。
バスに乗ろうか考えましたがタイミングが悪かったので歩きます。暑くて汗だくです。

そんな感じで近所の某店に到着したわけですが、あえなく閉店。材料切れ閉店らしいので、多分そういうことだと思われます。
しかし、こんなこともあろうかとサブの店に急きょ変更。営業中なのも確認済みです。

ってことで駒込の東側、さつき通り商店街にあるお店に到着でございます。
日本麺料理さくら、でございます!
あの有名な蔦の方がレシピを考案したとか?プロデュースする予定だったとかなんとか?詳しいことはわかりませんが、期待はできますね。
ってことで14時過ぎくらいに到着。入店ガラガラでごんす!

お、毎度毎度変な時間だし先客ゼロりあん。とにかく券売機で食券を。
さくら (7).JPG
本来であればラーメンと行きたいところなのですが、いかんせん暑いし結構歩いてきて汗だくなので…つけ麺にします!!
ってことで珍しく味噌味にします。特製味噌つけ麺1150円をポチリンコーヌ。

L字型のカウンター。空いている席に座って食券を出します。店主さんらしき男性、厳しい顔つきですが対応は柔らかいですね。
セルフの水、なんじゃこの冷水器!お湯も出るんか?ハイテクやんけ!そして紙おしぼりも持ってきます。

ほっと一息。店内は濃い茶色の木目風ですね。カウンターは黒。上品で落ち着く内装となっております。
と、ほどなく白い三段重ねの調味料が提供されます。お好みでお使いくださいと。そういえば目の前にこんな注意書き。
さくら (1).JPG
ほえ、そうなんですか。と中を見てみます。
さくら (6).jpg
ふーん、なんかすごいですね。ではあとで使わせて頂きます。

ボケっと待ちます。厨房では男性2人がテキパキと。昼の部は15時までとのことですが、この時間はあまり客は来ないようですね。まあ小さな商店街だし、人通りはあるものの今から昼ごはんって人は少ないようです。狙うならこの時間ですね。

ってことで7〜8分くらい待って着麺でございます!キタコレ!
さくら (3).JPG
うん、とても綺麗な見た目ですなぁ。美しいです。
同時に「スープは濃い目に作ってあるので、お好みで調整してください」とポットに入ったお出汁も一緒に出されます。わかりやした!
では麺の方の丼を見てみます。
さくら (4).JPG
2種類のチャーシューが二枚ずつ、味玉、葉っぱ、あとはなんだこの肉みそみたいなのは??食べてみてのお楽しみでやんす。
さてスープ。
さくら (5).JPG
味噌のような魚介のような色ですね。中には角切りのチャーシュー少々と細めのメンマが入っております。

ではいただきます。まずはスープの中のメンマから。パクリチョ!
うん、メンマです。柔らかく上品な味わい。ですが、確かにスープは濃い目ですね!しょっぱめです!!
サクッとメンマをやっつけて、麺行っちゃいましょう。
中太くらいでしょうか。うやや平打ち気味麺。行きます。ズルリンコォ!

うん、とてもいい柔らかさの麺!!食感がとてもいいですね。そしてスープ、ややしょっぱめですがサラッとしています。
どこか懐かしい味噌味に、魚粉とかつお、そこに焦がしネギ?焦がしタマネギ?がいい感じに香ばしさを演出しています。

二口くらい麺を食べてから、やはりちょいしょっぱいのでダシで薄めさせて頂きます。
では改めてまたズルリンコ!うん、ほどよい塩梅になりました。より味噌、魚介の味がしますね。味噌味がまさに味噌なんですが、上品なんですね。
つけ麺にしてはややあっさり目のスープですが、麺がまた上品で優しいのでバランスが取れている感じです。
うーん、なんだか…まさに料理って感じですね。これをラーメンと、つけ麺と言っていいのかわかりません。別ジャンル生まれた!って感じです。

そんな感じでズルズルと。うん、いいですね。味噌の味がいい感じ。食べれば食べるほど焦がしネギ?の味がピンっと来ていいですね。カツオの風味もより感じられます。

では具の方行ってみます。まずはこの肉味噌みたいなやーつ。パクリンチョ!!
お?これは魚だな。小さくほぐしたものと、トマトですね。それを何かしらで和えた感じ。味噌っぽいけどスープの味噌とはまた全然違う。
魚の風味がしっかりありながらもさっぱりとした味わい。ご飯のお供になりそうです。

お次に肉を1枚食べてみましょう。薄切りの生ハムみたいなやつからパクリ!
うん、まさに生ハム!生ハムとしかいいようがないですね!むしろ生ハムなんじゃね?

お次はチャーシューらしい方の肉です。パクリンチョ!!
うん、これはチャーシューらしい風味なんですが、味付けはかなり薄めです。素材の味という感じですね。交じりっけなしのチャーシューです。

ではこの辺で、先ほどの3つの薬味を入れてみますか。少しずつレンゲにとって味見します。胡椒おろしはまさに胡椒!かなり強い胡椒!
七味おろしも結構辛い!でも無駄に後引かない辛さでいいですね。もう一つは普通の大根おろし。さっぱりととてもいいお味。

それらを少しずつスープに混ぜて、麺をズルり。少しだけしか入れてないので大きな変化はないかな?でもなんか説明は難しいですけどちょっと味が変わった気もしますね。

そんな調子でズルズルとすすり、今後は味玉行ってみます。パクリンチョ!
とても柔らかいですね!これも非常にナチュラルな味付けです。とても柔らかい。黄身の甘みがいいですねぇ。

では、残りの麺をやっつけていきます。ズルズル。この麺がすごい不思議。柔らかめなんですけど茹ですぎとかコシがないとかそういうのではないんです。なんかパスタみたいな?やわらかな歯ごたえで。ラーメンらしくないと感じるのはそこかもしれません。
スープもなんか飽きない感じ。最後までさらりとした味噌味が心地よいです。
麺量はあまり多くないですが、大盛りはないのかな?券売機にはないです。まあこれはそんなに大量に食う感じのものではない気もしますが。
とは言え、そんなに極端に少ない感じも別にしませんけどね。

残りの具をつまみつつ、麺をズルズル。ズルリンコ!!って感じで完食です。
ではさらにダシで割ってスープを頂きますか。ズルズルと。うん、美味しいですね。味噌と魚介と焦がしネギ。
それぞれは知っている味なんだけど、それらが絶妙に混ざり合って新しい味になっている。知っていると言っても、それぞれがとても上品で洗練されている感じはあります。
とそんな感じでスープも大体のんで、終了です。ごちそうさまでした。

店名にある通り「麺料理」ですね。普通のつけ麺とは別の食べ物という感じがしました。
スープは味噌をベースに魚介と言う感じで、そんなに変わったものな感じはないものの、今まで食べたものとはまったく別の感じがしますね。
上品でそれぞれの味が喧嘩せずにまじりあっています。あんまりガッツリ食べる感じのつけ麺ではなく、大人向けという感じはしました。
そして麺。これがなんかすごい。この歯ごたえ、舌触り、初めてな気がします。こんなに優しいつけ麺の麺は知らないです。他の料理にも使えるんじゃないかっていう。
具は全体的に非常に自然で、あまり濃く味付けはしていない感じ。だからこそしっかりと作られている感じですね。
つけ麺を食うぞ!と思ってガッツりたくさん食べる気で行くには向かないかもしれませんが、味を重視する方、または30代後半以上の方などはいいかなと思います。
ちょっと、これはまた来て今度はラーメン食べてみなきゃなぁ、と思いました。その店のメインではないメニューを食べて美味しかったりすると、またこなきゃって気になりますよね。最近そういう店他にもありました。
気になる方は是非!

では食べ終わったら即退店。結局後客はナシ。このまま昼の部終了になりそうですね。
ごちそうさまと声をかけると、店員さんがとてもにこやかにご挨拶してくれます。

外に出る。量は多く感じなかったが、スープをたくさん飲んだせいか腹はいい具合だ。
なんか新しくて美味しいと評判の店は、体にも優しそうな味が多いですね。それをまた美味しく感じるのも、老化のせいということなんでしょうか。
でも歳を取ることでまた美味しいと思えるものが変わっていく、増えていくというのはいいことだなぁと思います。
なんて真面目なことをたまには言ってみたり。

近くの喫煙所で一服。はぁ、暑い。つけ麺食ったのにまだ汗が…。
ここから用事を済ませてとっとと帰るべ。なんだか色々とやりつつものんびりとした休日になりそうだぜ。

そんな、晴れの金曜の昼下がり。

来週は気温も多少は下がりそうなので、引き続き体調にはご注意下さい!

では本日もごちそうさ麺!!でした―――!

一度、すげー高いメロン食ってみたいよね。1玉。すげえ高いメロンを一人で1玉。そういうのってないですか?
二十歳くらいころ、アメリカンドックが好きでいずれコンビニにあるやつ全部買って、それだけで満腹にしてやろうと思っていたけど、やりませんね。やりません。はい。

ではまた次回!!ララバイララバイおやすみよ!!ヘイヘイ!!








ラベル:つけ麺 味噌
posted by クロペソマソ at 21:10| Comment(0) | 豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。