2018年11月15日

茅場町・八丁堀 麺や 久

どもー!また一週間終わりまして、麺の日がやってまいりました。はぁ一週間ホント早いわ。そして疲れたわ。まいっちんぐまちこだわ。
さて、今日はなんでも新しくできた二郎系の店があるらしいので、そこに行くことにします!二郎系の新店はなんか久々な気がしますからね!!

ってことでいつものように仕事を終え、ヘトヘトリンコながらもさっさと職場を出る。電車に乗ってサクッと茅場町まで。2番出口を出て、新大橋通りを南下。はなまるうどんを過ぎたところで右折。少し行くと派手な看板のインド・アジアン料理屋さんがあるので、そこを右に細い道を行くと、左手にあります。
麺や久さんです。なかなかわかりにくい場所にありますね。見た目こんな感じ。
久 (1).jpg
細い裏道のようなところにありますねぇ。旗はあちこちに出ていますが、出入口はしっかり閉まっているし。
到着は14時半頃。とにかく営業中的な看板も出ているので、入店ガラガラ!!
おお、和風で綺麗な店内です。では入ってすぐの券売機で食券を。
久 (2).JPG
すんげえナナメってしまった…。メニュー数は少ないですね。醤油と味噌、なんですね。まあここは醤油でしょう!全部乗せは1100円か…。今日は豚だけにしようかな!ってことでカネシ醤油ラーメン800円と、ブタ2枚200円をポチリンコです。
ちなみにこんな張り紙が。
久 (3).JPG
へえ、そうなんだ。とある情報筋によると、茹で前だそうです。まあまあな量ですね。

空いているカウンターに座り、店員さんに食券を渡します。店員さんは3人。男性2人に女性が一人。先客はおっさんが2人。まあこの時間だしこの場所ですからねぇ。まだまだこれからですね。
ボケっと待ちます。二郎系という情報ですが、特にトッピングの貼り紙などはないですね。まあいいか。
すると、先客に提供するとき、ヤサイとニンニクの量を増やせるとかなんとか店員さんが言っていますね。やはりコールはあるんですね。よかった。
その後、先客が何やら店員さんと色々話しています。先客はしっかりとスーツを来たおっさん。金持ってそう。まあそれはいいとして、その話を盗み聞きしたところ、近くにある鳥久という店の二号店なんだそうです。そのお店は焼き鳥メインの居酒屋さん的な感じなんでしょうか。でもそこはランチで勝浦タンタン麺を出しているんですね。その系列なんです、と。全然違う店なんですけどね、なんて話。
そうなんですねぇ。確かに変わった形ですね。まあいいとして。
そういえば先客は麺少な目とか言っていたので、その辺も対応してもらえるようです。

で、ほどなく俺にもの時間!ヤサイマシ、ニンニク少しでお願いします。アブラや辛めについては特に言ってなかったけど、どうなんですかね。
とにかく、着麺でございます!コレだ!
久 (4).JPG
うん、なかなかいい感じですね!でも丼が割と小さ目かな?なので量的にはそこまでではなさそうですね。ではいただきます!
ヤサイには何かタレがかかっていますね。そこにスープをかけて、パクリンチョ!うん、ヤサイです。味がついていていいですね。シャキシャキです。モヤシに少々キャベツ。そいつらを黙々と食します。

うん、いい感じですね。やはり何かタレがかかっているので一味違いますね。とそんな感じで順調にヤサイをやっつける。
やはり量は少なくはないけど多くもないですね。ジロリアンの皆さんなら軽いと思います。
で、顔を出してくださいました麺の皆さんです!
久 (5).JPG
いいですねぇ、浅草開化楼さんの極太麺だそうです。ガシってる感じの見た目ですね。スープは見るからに醤油。では行ってみます。ズルリンコォ!!

うん、いいですね!そこまでガシガシではないものの、ほどよいガシ感。コシも強めではあるが強すぎず。スープともマッチしていますね。
そのスープですが、醤油感かなり強め。カネシ醤油は名前はよく聞きますが具体的にどういうものかはわかっていません。醤油の味が濃いですね。溜まり醤油方面の味というか。そこにインスパイア系の豚骨ダシ的なものがあります。
かなりキレイにまとまったインスパイアと言う感じですね。背脂もさほどありません。でも美味しいです、この醤油スープ。
ラーメン大とかも醤油がメインだと思っていますが、そことはまた違った味わい。醤油もそうですが、ダシ感も違いますね。

そんな感じでズルズル。いいですねこの麺。麺のガシっとした食感もどこか上品さがあります。ライトな二郎系という感じはあるものの、しっかり味があって美味しいです。麺もスープもズルズルと。うん、少しだけでもやはりニンニクがあると違いますねぇ。やはりこれ系はニンニク!生のニンニクはニオイや胃への刺激が心配なので最近はずっと少な目ですが、やはりいいですね。刺激物ではありますが、良い効能もあると信じているので、たまに摂取したいです。

では豚行ってみますか!3枚とはいえさほど大きくはない感じ。かなり柔らかそうですね。すでに崩れているものもありつつ。では切れ端をパクリンチョ!!
うん、なかなかいいですね!かなり軟らかく崩れる感じです。味はこれまた二郎系に近いです。それでもどこか上品さがあるんですね。なかなかいい豚!モグモグ。

あとはもうひたすら食うのみ!豚をつまみつつ麺をすする。スープもズルズル。いいですなぁ。はっきり味があるのに飽きが来ません。食べれば食べるほどインスパイア的なものを感じるわけですが、同時にこの店のオリジナリティもしっかり感じますね。

麺量は茹で前250gという情報ですが、この麺の感じだとさほど水分を吸わない麺なのかな?という感じはします。ちょっとその辺の知識がないのでアレですが…。しっかり量はありますが、250の割には軽い感じはしますかね。
そんな感じでよどみなく完食。スープもかなり飲んでしまいました。アブラがそんなに多くは感じないので、かなり食べやすさというか、罪悪感的なものないですね。腹具合も程よいです。満足ですが、苦しいほどではない、ちょうどいいです。本気のジロリアンさんは増せるものは全部ました方がいいかもしれません。
とは言え、とても食べやすくて上品なインスパイアでした。なんていうか、大人向けのインスパイア、という感じでしょうか。それっぽいガッツリ感を残しつつも、どこか上品で綺麗にまとまっている。オリジナリティも大いに感じられました。麺もスープもよかったですね。
豚も同様な印象で、コレ系の豚って感じをさせつつもどこか上品で食べやすかったです。まあもうちょっと大きくてもいいかなぁという個人的な希望はありますけど。
それなりの年齢で、本家とかはちょっと厳しいけど二郎系食べたいなぁ、なんていう人には持って来いですね。実際先客のおっさん達、多分50前後だと思いますけど美味い美味いと食べてましたので。麺少な目も出来ますし。コスパ的にもそっちむけな気はしますしね。
店内も綺麗だし、二郎系に興味がある初心者の方とかもいいと思います。本家とは似て非なるものではあるとは思いますが、気になる方は是非どうぞ。昼を外せば空いてそうです。

では食べ終わったら即退店。ごちそうさまと丼をあげて、席を立ちます。皆さん元気にご挨拶をしてくれます。店員さんは店主さんらしき方は鳥久からいらっしゃってるんですかね?そんなような話が聞こえてきました。そちらのラーメンも機会があれば食べてみたいです。

外に出る。ほどよく涼しい。看板は仕込み中に変わっていたので、昼の部は15時までと考えてよさそうですね。
さて、東京駅まで歩いて行こうかな。途中一服できる場所もあるし。
なんだかとてもさわやかな気分だな。色々と俺的にちょうどいい麺でした。またしばらくしたら今度は味噌を食べにこようかな。
そんな感じでのんびりと歩いて行くのでありました。

気が付けば11月も半分が終わりました。さて、ここから年末までどんな感じになりますかねぇ。もういいですけどね。今年終わり!ハイ!今のところ思い残すことはないですね!だって今年が終われば来年がすぐに来るんだもの!!ねえ!!

そんな感じなのでした…。ヘイヘイ。
最近めっきり寒くなってきたので、風邪とかインフルとか乾燥とかその他もろもろ気を付けてください!!あと疲労にも。

ではまた次回お会いしましょう!本日も、ごちそうさ麺!!でした――――!!

完全に無趣味となりつつあるワタクシですので、麺を食っててよかったなぁと思います。ブログ書くのは若干面倒ですが、ハイ。
ではまた!!バ―――イビ――――!!!

あ、萩の月、食べたい。ご当地グルメとか結構こっちでも買えるけど、萩の月はなかなか売ってないんだよね。うん。


posted by クロペソマソ at 22:12| Comment(0) | 中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。