2019年07月17日

東京 六厘舎

ども!イレギュラーの麺の日です!ちょっと明日は麺行けなさそうなので、今日行くことにしました!
なんでも今日は暑さが戻ってくるってことで、どうすっぺかなと考え、気が向いたのでちょっと並びそうな店に行くことにしました!
てな感じで仕事を終えてさっさと職場を出る。スーっと電車に乗ってやってきたのは東京駅!久々にラーメンストリート行くっぺかってことで!
その中のどの店かって?まだ行ったことない店はいくつかあるけど、どうせなら!!
とやってきたのはこちら!
六厘舎 (4).JPG
相変わらずの行列です。六厘舎!!もう夏休みシーズン入ってるの?東京駅自体はたまにくるけど、いつもこんなに並んでたかなぁ…。でも案外回転がいいという噂なので、列の後ろにつきます!14時半くらい。ざっと列は15人くらいか?

半分くらい外国人客だねー。若い女性からおっさんまで幅広い層の客。
ちょうど待っている場所の下に「ここから待ち時間30分」て書いてある。と、待っていると確かに結構進む。
少し待つと店員さんがやってきて、待っている人が前から順に食券を買って、前の人が買って戻ってきたら次買いにいってくださいみたいな説明と共に、前から順番にメニューが回ってくる。
六厘舎 (6).JPG
シンプルなメニューですね。ここは朝も麺やってるんですよね。結構色々なメニューがありそうだけど、レギュラーの時間はシンプルなのかな。麺量アップで。
ラーメン六厘舎 (5).JPGつけ麺六厘舎 (3).JPG
で、そんなこんな15分くらい待って食券買う番!これ!
六厘舎 (7).JPG
ここは特製でいいでしょう!麺量も並で茹で前280gならおっさんにはちょうどいい。ってことで特製つけめん1060円をポチりして、また列に戻る。そこからまた10分くらい待って着席。30分って書いてあるところから25分くらいで着席。確かに思ったよりは早いな。
と卓上チェック。六厘舎 (2).JPG
特製七味黒。黒七味ではないんだね。京都のとは違うと。あと珍しいのはゆず粉。俺は使わないけども。

と、着席から3分くらいでもう着麺!回転の速さの秘訣ですね!これだ!
六厘舎 (8).JPG
もうまさにつけ麺的な!!
六厘舎 (1).JPG
麺もまさに。
六厘舎 (9).JPG
スープもまさに濃厚魚介といったところか。左の丸いのが豚ほぐしなんですね。ではいただきます!
まずはスープの中を物色。ネギたくさん。なると、メンマ数本。メンマからやっつけます。パクパク。うん、メンマです。

では麺、行ってみます!ズルリンコォ!!
お…これは…まさに濃厚魚介で…味しっかりだけどしょっぱくなくてほのかに甘い…麺も太麺だけど思ったより柔らかいけどフニャフニャではないちょうど食べやすい食感で…なんていうか…美味いっす!!

六厘舎はソラマチと大崎で食べたことあって、店によってちょっと違う感じあるイメージだったけど、なんかここはさらに違うかも??
なんだろう、味の濃さとかバランスとか…絶妙じゃない?パーフェクト…と某映画のセリフを吐き出しそうになる…。
初めての味でびっくりするくらい美味いっていうのとはちょっと違って、知っている濃厚魚介の味なんだけど、それを最強にいいバランスで美味しくしましたみたいな?
濃厚だけどまろやかで…麺もするっと入ってきて歯ごたえもよくて食べやすくて…。重すぎず軽すぎずのなんだろう…美味い。

これはすごい。完成してる。濃厚魚介つけ麺の完成形ではないかと思ってしまう。
と感動を覚えながらズルズルと食べる。うん、美味いね。甘みがあって。しょっぱさがない??その分パンチがない感じがちょっとあるんだけど、でも美味しい。これは辛味合うかもしれないなぁ。でもこの甘みとダシを殺したくないですね。

と、ネギや豚ほぐしを巻き込みながらズルズルと行く。麺いいね。太麺でコシが強いのがまだ魚介系つけ麺だと主流なイメージあるけど、ここは柔らかくて食べやすい。歳食ったからかなぁ?俺はこれくらいがちょうど食べやすい。

と麺ばっかり食ってないで具も食います。まずは味玉。ガブリンチョ!うん、味玉です。自然な味付けで黄身の濃厚さがよく出ていますね。

お次はチャーシュー。パックンチョ!これはちょい硬め?食感も味も昔ながらのチャーシュー的だけどどこか上品。悪くないけど増すほどではないか?

とそんな感じでズルズル。うんうん、食べても食べても美味い。ネギいい仕事してるわ。途中七味をちょい入れてみる。ピリッと来ていい感じだけど、でもやっぱりこの味を壊したくないですね。たまにちょっと入れるくらいが俺はいいかな。

と夢中で、それでいて落ち着いて麺をすすり、麺完食。スープギリギリでした!こんなに優しくまろやかなのにドロドロなんですよねぇ。どういうこと?とにかく卓上のポットでスープ割!!

魚介系のスープ割結構好きなので、ズルズル行きます。あーでも残りのスープが少なかったから結構薄味になってしまった。だがそれもよし!!完飲して終了です。

もしかしたら、これが本当の六厘舎の姿?パーフェクトオブ濃厚魚介と呼んでも過言ではない(当社比)。
濃厚なのに甘い。濃いのに優しい。なんかもう何かが突出するのではなくバランスが最強。俺の少ない語彙力だとそれくらいしか言えません。有名になってもうどれくらい経つかわかりませんが、未だにこうして行列ができる意味が分かります。外国人も多いけども、日本人もたくさん並ぶわけで。幅広い年齢層の人が並ぶのわかってて来るわけですよね。もうそれがすべてを物語っている気がします。美味いです。
ただ、具は美味いけどそこまででもない??ひたすらに麺とスープを楽しむ形でも良いかも。でも辛味は一回試してみたいな!案外スープ増も有効かもしれないなぁ。
評価は文句なしのA!これはまた来たい!と思える店。
噂通り回転いいから30分待つ覚悟でくれば大体食えるんじゃないかな。まあピークは外すとして。あともし時間が許せば朝も狙い目かもです。とにかく待つつもりで行けば意外に耐えられる待ち時間だと思うんで、魚介好きの人、気になる人は是非!!

では食べ終わったら即退店!15時近くなると列もだいぶ短くなってました。ごちそうさまと声をかけて店を出ます。
はぁ〜美味かったなぁ。満足ですわ!!と、近くの喫煙ルームで一服。ギュウギュウだったぜ…。東京駅は結構あちこち喫煙所であって助かります。ありがとう。それに色んな店があるからちょっとしたアミューズメントだよね。ショッピングモール??的な。

さて、さっさと帰るか!今週はこれで打ち止めになりそうです。今週末は雨降るし暑いしで最悪っぽいですが、みなさん体に気を付けて!!って7月ももう後半かい!!なんやねん!!そして選挙、一応行きましょうね!なんとなく!なんとなくじゃアレだけど。一瞬でも真剣に考えてみるのって大事だと思っています。ハイ。

ではまた、来週元気にお会いしましょう!
本日も、ごちそうさ麺!!でした―――――――!!!

やっぱり麺って素敵だなぁ…。食欲だいぶ落ちたけど…それでも素敵だよなぁ…うん。
そんな黄昏ながらバイバイキ―――――――ン!!明後日はアンパンマン見れるようにがんばろう!!

それってがんばることなの?




ラベル:濃厚 魚介 つけ麺
posted by クロペソマソ at 18:37| Comment(0) | 千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。