2018年05月17日

虎ノ門 ラーメン 虎ノ門店

どもー!お疲れさまでごんす。麺の日でごんす。
今日も暑かったですね。初夏ですね。っていうか真夏日が発生しているらしいですけども。まあそれも今週までみたいですが。未来のことはわかりませんけども。ええ。

ってことで麺の日でございます。そろそろアレ系が食いたくなってきたんですね。アレ系。でも、行きやすい場所の店は大体行ってしまったし…。では再訪で行きますか。とできるだけ時間が経っている店を選びます。そんな中に選ばれたのが虎ノ門です!
そんな感じで決めました。

仕事を終えてヘトヘトになりつつ、さっくりと虎ノ門方面。この辺に来るのもだいぶひさしぶりでごわすな。相変わらずなんか工事してますけど。まだなんか作る気ですか?え?

店は虎ノ門駅が一番近いかな。桜田通りを南下し、虎の門三丁目の信号を右です。西です。そこから少し歩くとあります。ミニストップの向かいあたりですね。よく見ないと見落とします。なぜならなんかラーメン屋っぽくないから。しかも外から見ると中が暗いからです。
でもしっかり「営業中」の看板出てますね。では突撃!!

入店ガラガラ!!お!客ゼロ!時間は14時半すぎと中途半端だからでしょうか。
店主さんらしきおじさんが元気にいらっしゃいしてくれます。では券売機で食券を。
ラーメン虎ノ門 (1).JPG

うむ、ここは麺量も普通だし、豚入りがいいかな!ってことで 豚入りラーメン800円をポチりんこ。
適当に空いているところに座り、食券を出します。するとすぐにトッピングを聞かれます。ヤサイ、ニンニク少しでお願いします。
ちなみに壁にはこんな感じでトッピングが貼ってあります。
ラーメン虎ノ門 (2).JPG

その辺はベーシックですね。ええ。言うまでもないですが、もともとは二郎だった店ということですので。
まあ場所がちょっと高級な感じの虎ノ門、そしてこの時間ですから客がいないのも仕方ないのかなと言う気がしますが、最近閉店が相次ぐ二郎ですので、少し心配になりますね。

ボケっと待ちます。ひたすらにボケっと。後客も全く来ないですけどね。ここはなんかカウンターが高めでいいんですよね。俺みたいな完全なる胴長短足にはピッタリでございます。っていうか店内エアコン強めですね。ちょい寒いです。でもこれで麺を食べたらきっとちょうどよくなるんだと思います。多分。

とそんこんなで6〜7分で着麺でございます。さらに高いカウンターに置かれた丼は熱いです。それを下すのもまた熱い。ぶちまけないように注意してください。それが、こちら!
ラーメン虎ノ門 (3).JPG
ではいただきます!卓上の一味をかけ、スープをかけ、ヤサイをやっつけます!パクリンチョ!
うん、ヤサイです!ややクタっとしてそうな味なんだけど程よくシャキ感残ってます。パクパクと。
量的にはちょうどいいですね。多すぎず少なすぎず。黙々とヤサイを食べます。3〜4分で食べ終わります。モヤシってさ、ちゃんと噛まないといけないから意外に時間かかるんだよね。

ってことで、顔を出してくれた麺と豚の皆さんです!
ラーメン虎ノ門 (4).JPG

おお、豚結構ありますね。厚すぎず薄すぎず、大きすぎず小さすぎずな豚が6枚くらいですかね。
では麺から頂きます!!ズルリンコォ!!
うん、これ系の味ですね!麺は細めで、やや柔らかめの茹で加減か。しかしほのかなコシがまた良し。おじさんには食べやすい麺です。
スープは思ったよりも醬油味ですね。背脂も少な目です。醤油のサラッとした味です。これは本家二郎というよりはラーメン大ですかね。
しかしなんだかんだでちゃんとそれ系の味がするのがいいですね。軽いけど。でもそれ系なんです。
ズルズルと。うんうん、イイじゃないですか。悪くないですよ。ズルズルとな。

ではたくさんある豚行ってみますか!一口でも行けそうな豚ですが、一応二口で行くことにします。パクリンチョ!
うん、これもなんかシンプルですね。しっかり肉感ながらも柔かい。脂身少な目なのがいいですね。
なんだなんだ、すっかりおじさん向け二郎じゃないですか。いいや、二郎じゃないんだけども。ライトですな!!
ニンニク、少しにしたからあんまりガツンことないな。普通にすればよかったかな。

そんな感じでズルズル。ここからはもう、ひたすら麺と豚のループです。スープも背脂ないし飲んでも罪悪感ない系です。
なんていうんでしょうね、なんかインパクト的には欠ける部分はあるんですけど、すごく食べやすくて。麺も豚も。
サラッと行けちゃう感じなんですね。
麺量も多くはないけど、少なくもない。普通のラーメン屋とくらべるとちゃんと多いですね。それに100円のマシでこの豚の量は嬉しいですね。
豚をおかずにズルズル行っておりますが、遠慮なく行っても豚があまりそうなくらいです。嬉しい誤算。

途中卓上の白コショウをぶっかけて食います。これが結構合うんですね。基本これ系は黒胡椒が合うっていうのが俺の中での常識なのですが、白もあうんですね。やはり醬油が結構強めだからなんですかね?
っていうかマジで醤油ラーメンですよね。塩もあるようですが、塩はどうなんだ?興味はあるけど。

とそんな感じで麺と豚、そしてスープとのループです。ズルズルパクパク。
特に他に書くことがなくなってしまいました。食べ終わりそうな頃、後客が一人来たくらいです。

そして完食。うん、非常にちょうどいい腹具合です。なんか、どうしてもこれ系は夢中になって食べてしまいますねぇ。
いやぁ、思ったよりもだいぶライトな二郎系でした。麺量も普通ですし。スープがすごい醤油で、背脂少な目。麺も細め。でもやっぱりこれ系はこれ系なんですね。
豚はたくさんあって嬉しかったですが、本家の豚に比べると少し小さい感じがするかな?でも数があるから総量はそこまで変わらない気もしましたね。ヤサイの盛りもまあまあで、特に不満はないです。よかったですね。何より「食べきれるかな?」っていう不安感、食べている最中でさえ勝手に感じてしまうプレッシャーもなくてよかったですね。
ただ本家の二郎的なものを求めていると肩透かしを食うかもしれません。そういう方は少なくともアブラは増しましょう。
濃い目はどうかなぁ。完全に醤油味なので、濃くしたらどうなるか…想像できません。
何はともあれ、これ系としてはかなり食べやすいと思います。ラーメン大に行くような感じで行くとちょうどいいのかな?

昼時や夜はわかりませんけど、中途半端な時間に行けば空いてるのは間違いなさそうなので、気になる方は是非!!
俺も3年ぶりくらいに行きましたが、なんとも忘れられない店構え、そして店内です。雰囲気は東大前の用心棒に似てる気がしました。

では食べ終わったら即退店!丼を上げ、カウンターを拭きます。後客にも提供してしまった店主さん、しきりにお礼を言ってくれます。
俺もごちそうさまでしたと声をかけると元気にあいさつしてくれます。
場所的にちょっとマッチしていない部分もあるかもしれないですけど、今後も頑張って頂きたいですね。

外に出る。暑い。あの涼しい店内でも汗が滲みます。ああ、季節は変わったなぁ、なんて思いますね。
さて、その辺で一服して帰るかな。トボトボ歩いて行くと、汗が…。マジで日差しが初夏ですわ。まだ5月でっせ??
でも、もう5月も半分終わりましたからねぇ…。今年も終わったようなもんです。
今年の残り、なんとか頑張って行きたいですね。ええ。

そんな感じでみなさん良い週末を!!
本日も、ごちそうさ麺!!でしたーーー!!!

また次回!!
先日、日本酒を一升瓶でもらってしまいました。夏にピッタリの日本酒の美味しい飲み方、何かないですかねぇ??
あ、いいんです、知ってます!問いかけても返事はないってことはね!!ええ!!

ではまた!
やっぱ、アイスの白熊は美味しいと思うんですよね。ええ。

さよなら、さよなら、さよなら。





ラベル:ラーメン 二郎
posted by クロペソマソ at 21:02| Comment(0) | 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする