2019年03月18日

外苑前 煮干乱舞TOKYO

どもー!こんにちは!またしても一週間が始まってもう大変!あーやだやだ。ねー?
ってことで今日もいつものように麺を食います!今日は最近あんまりチェックしていなかった新しい店を攻めていきたいと思います!
そんなこんなでいつものように夜勤を終え…クッソ疲れながら職場を出ます。あー忙しかった。まいっちんぐまちこですわホンマ。

では職場からピューと外苑前駅まで。あれ、ここ初めて降りるかも?いや、そんなことはない。麺を食べに来るの初めてかも?
ってわけで今日は煮干乱舞なるオープンほやほやの店に参ります。煮干し久しぶり!と地図を見つつ行くわけですが、まったくわからん!!迷った挙句になんとか発見しました。こんなところに店があるとは!というわけで軽く案内を。
青山通りから赤坂消防署入口の信号を南曲がる。すると青い外観のingidoという店があるので、そこを右に入ります。完全にビルの間的…。
煮干乱舞 (2).JPG
ここに店はないでしょ?と思うところをなんとかまっすぐ行きます。
煮干乱舞 (1).JPG
突き当ると左手に店があるのです!驚き!
煮干乱舞 (3).JPG
あーやっと見つけたわー。11時過ぎに入店ガラガラ!
なんだかとてもラーメン屋とは思えない内装。小奇麗な。いらっしゃいませ、お好きな席にどうぞと男性の店員さんに言われ、奥に座ります。するとメニューが目の前に。
煮干乱舞 (4).JPG
なかなかのお値段!とにかく注文、醤油でお願いします、といい、前金でお願いしますと言われ1000円を払います。限定の和え玉も気になるけど500円かぁ…。とりあえず保留。ってことでボケっと待ちます。
キレイな店内で…。バーみたいな?酒も結構並んでるし。席は5と少な目。
煮干乱舞 (5).JPG
ボケっと待っていると、奥の見えない厨房から、こうしてああして…と指示する声が。男性店員さんは2人いましたが、一人の人に教えながら作っているようですね。まだ新しい店ですから、店員さんも新しい人なんですかね。

と、そうこうしているうちに5分くらいで着麺でございます!キタコレ!
煮干乱舞 (6).JPG
別皿で具がも提供されます。これは日替わりだそう。
煮干乱舞 (7).JPG
では頂きますか!では別皿の具からつまんでみます。まずはメンマから!パクリンチョ!
うん、メンマですね。でも普通のメンマじゃなく非常に料理的なメンマですなぁ。筍嫌いのワタクシでも美味しいです。でもまあサクッとやっつけて、ラーメンの方行きます!と、レンゲがなしかぁ…。じゃあ麺行くしかないな。といじくってみるが、あまりスープと交じっていない。スープの上に麺をボトンと乗せただけ的だ。なので少し混ぜてみて、麺をズルリンコぉ!!

ちょい硬めの細麺で、存在感ありますね。スープもしっかり連れてきます。そしてこのスープ、まさに煮干し。かなりの濃度の煮干しですね。粘度もある濃いやつ。でも味は凪とかのような煮干しとは違いもっとこう…なんていうか…濃いヤツ!塩分もなかなかのもんです。これはすごくちゃんとしたこだわりのある煮干しですなぁ。と食べていると店員さんがやってきてすみません、レンゲを忘れていましたと丼に突っ込んでくれました。あ、そうだったのね。
では改めてスープをズルり。うん、すごい煮干し。エグミがありそうでギリギリないくらいの濃い煮干し。煮干乱舞という店名も納得の濃度。結構しょっぱめ。醤油感はあまりないですね。麺に乗せられているタマネギのさわやかさも完全に吹っ飛ばす濃さです。

では他の具行ってみます。真ん中は三つ葉?とお麩ですね。何かのダシをたっぷり吸い込んだお麩。三つ葉は麺に投入し、お麩を食べてみます。ジュワーっとダシがあふれ出てなかなか良い。でもなんのダシかは俺にはわかりません。とにかく和食!いい和食の店で出るやつですわ!

とそんな感じで三つ葉を巻き込んで麺をズルズル。うーん、三つ葉の風味もなんのその、少し香っただけですぐに煮干しに飲み込まれます。
麺、もう少し柔らかい方が好みかなぁ。でも細麺は難しそうですよねー。とズルズル。にしてもすごい。煮干しにも色々ありますが、グレーのスープの味ってこういう感じだよね。うん、と一人で納得。

お次は肉行きます。パクリンチョ!低温調理のチャーシューですね。肉感なかなか味はナチュラルですがほどよい。こだわり感じますね。そしてウインナー的なやつをかじってみる。うん、これはウインナー。ちゃんとしたやつ。ソーセージって言った方がいいの?違いがわかりません!

とそんな感じで肉をつまみつつ麺をズルズル。麺量も意外にあるんですね。正直食べていると結構しょっぱさを感じるんですが、なぜだろう、ズルズル食べて、飲んでします。卓上には酢やコショウやらありますが、全然入れる気になりませんね。胡椒なんか簡単に飲み込んでしまいそうなスープです。
濃いだのしょっぱいだのいいながら、完食。スープも完飲。ごちそうさまでした。もうちょっと食えるけど…でも500円の和え玉はちょっとなぁ、ということでここでフィニッシュです。

完全に煮干が乱れ舞っていましたね。濃厚煮干しです。本当に煮干しか入ってないんじゃないか的な。俺の好きな煮干しと言えば凪ですが、全く別方向。それでいてとても料理的というか。煮干しでダシを取るというか、煮干しをミキサーでガーッとやってスープにしました的感じです。そこにちょい硬めの細麺。なんかこう、麺とスープだけで出されてもそれで成立している感じがするというか、別皿で具が出されるのも納得しちゃう感じです。このスープには何も乗せられないな、というくらい。
具もまさに料理的で、高級和食の付け合わせ的な味わいというか。チャーシューこそラーメン屋っぽさを残してはいましたが、それ意外はらーめん屋さん感なしです。すごいですね。
個人的にはスケールデカすぎてちょっと麺食らった、いや面くらった感じがありましたが、ハイクオリティな一杯であることは間違いないでしょう。煮干し好きの方は是非一度どうぞ。昼の営業も20日からは15時まであるそうです。Twitterをチェックですね。
気になる評価は・・・非常に難しい。好き嫌いとかそういうの超越した出来だとさえ感じます。っていうか俺如きの舌では理解できた気がしない。ってことでC+でお願いします。でも美味しいです、すごい一杯だと思いますので、気になる方は是非。俺もなんだかんだスープまで全部飲んでおいてあれですが…。
この立地でこのお値段ですから、確固たる自信もきっとあるんですよね。食べてみて納得もします。もはやラーメンの域出てるんじゃないか説をつい唱えたくなってしまうくらいです。探し当てて行ってみてください!

ってことで食べ終わったら即退店。ごちそうさまと声をかけて店を出ます。またお願いします、と声を頂きます。俺なんかがまた来てもいいんですか?次はもっとこの味を理解できるようになっていたいものですね。
この味でこその南青山か…なんだか妙に納得しちゃう帰り道でございます。

さて、この辺は一服できる場所がなさそうなので、青山一丁目まで歩いて行きますか。そして途中のコンビニで一服だ。
今日は天気がいい。もう春もすぐそこですね。暖かいのはいいが、花粉がちょっと…。でもまだ症状にもムラがあるので、完全なる花粉症ではないと信じたいものですが…結末はいかに。

てな感じで、今週は木曜が祝日なので、もしかしたら水曜に行くかも?まあそれはいいとして。また次回元気にお会いしましょう!!
本日も、ごちそうさ麺!!でした―――――!!

メンメン麺!麺は奥が深いですね!なんて通みたいなことを言ってみましたにわかラーメン通です。数食ってるだけじゃ何もわからんのだなぁと思いましたが、でも俺にはこれくらいの浅さで楽しむのがちょうどいいかなって思ったりもします。ハイ。

ではまたね―――――!!
バ――――イバ―――――――ゥへッッックショ――――――ッイ!!ズビズバ!!

咳やくしゃみのときは何かしらで口を押えましょうね!!ヘイ!



ラベル:煮干し ラーメン
posted by クロペソマソ at 14:47| Comment(0) | 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする