2017年12月04日

西新宿五丁目 つけ麺 赤とんぼ

どもー!お疲れさまです!やってきました麺の日です。
あーまた一週間始まりましたね。始まったばかりなのに既に疲労度高め。ふひー。
そろそろ年末感が出てきまして…まあいいんですけけどね。とりあえず日々淡々と仕事をこなすのみですな。

と、そんな感じでいつも通り夜勤を終えて、職場を出ます。年末に近づくにしたがってやや暇になっていったような記憶があるので、出来るだけのんびりと過ごせたらいいのですが…。
まあ本日もそこそこ余裕を持ちつつ仕事を終えて、職場を出る。
今日行くのは比較的新しい、つけ麺のお店。この時期は寒いのでつけ麺はあまり食べなくなりますが、今日はなんかつけ麺食おうかなって気になりましたので、ちょっと気になった店があったのですぐに決めました。

で、電車に乗ってどこまでも。ぴゅーっと大江戸線に乗って、西新宿五丁目まで。この辺はちょっと歩けばメトロの駅もあったりするんですが、西新宿五丁目が一番近そうだったので。

で、サクッと到着。駅を出て5〜6分で着くかな。都庁が見えます。新宿中央公園の西側のちょっと大きい通りから、一つ細い道に入ったところに店はあります。一本入るだけでかなり店は減りますが、地図を見ていれば問題なく見つけられると思います。
何もないかと思いきや、地味ではあるが店がちょいちょいありますね。で、11時ちょうどくらいに入店ガラガラ。
時間的にも場所的にも人はまばら。11時ちょうどくらいにいきなり来たので店員さんもちょいびっくりな模様。
では入ってすぐの券売機で食券を。
赤とんぼ (2).JPG

ふむ、つけ麺ですな。特製にするか否かで悩みましたが、120円しか変わらないしどうせなら、と特製つけ麺並1000円をポチり。ちなみに麺量は小で150g、並230g、中300g、大450gとのことです。
グラム数は茹で前とのこと。それならば…最近太り気味だし並でいいか、という結論に。

店内は広くはないが狭くもない。ですが新しいだけあって綺麗ですね。
カウンターは一列6〜7席かな?あとは2人掛けのテーブル席が確か二つだったと思います。空いていたのでテーブル席に座っちゃいます。すると女性の店員さんが食券を回収しにきます。
すると麺が選べるとのこと。普通麺と中太麺がある。基本は太麺が好きなので、中太でお願いします。

で、水を頂き待ちます。厨房では中年男性が調理。ご夫婦ですかね。事前情報によると、こちらの店は以前赤坂とかそのあたりでお店をやっていたそうです。今回復活という情報をいくつか見ました。

店内を見回し、貼り紙などを見ていると、三種の煮干しを使ったスープとのこと。
麺は浅草開化楼特製。そして無化調だそうです。ほほう、煮干しで無化調のつけ麺って、結構珍しいかもね。

とボケっと待ちます。卓上には唐辛子、白い粉のコショウ、その他よくある…実はよく覚えていませんが…。
相変わらずひと気がないですね。昼時まで後客は来ないかもしれません。

と、5〜6分待って着麺でございます!!
赤とんぼ (4).JPG

うん、つけ麺ですな!特製だけあって結構具はたくさんですが、通常でも各具が半分は乗っているので、そんなに寂しくはなさそうでした。麺は確かに中太。やや縮れのある中華麺ですかね。
赤とんぼ (3).JPG

スープはほぼ具がありませんねぇ。この油膜は煮干しの油でしょうか。ふむふむ。
赤とんぼ (1).JPG

ではいただきます!まずは極太メンマから。パクリンチョ!
うん、まさに極太メンマ的な味ですな!歯ごたえは硬めだが嫌な硬さではありません。味もまさに見た目通り的な!!
券売機の貼り紙に「苦手な具があったら言ってね」みたいなこと書いてあったので、メンマはなしにして他のもの増やして・・・って言いたかったけど、そんな勇気はありません。はい、引っ込み思案です。

というわけで、早速麺、行きましょうか!
テーブルが低いのでスープの丼を持とうとしたけどアツアツです!!ひええ!では身をかがめて麺をズルリンコ!!
うん、魚介系のシャバ系スープという感じではありますが、やはり煮干しメインのせいか、普通の魚介とは違いますね。
塩っ気も優しく、ダシの味がメインです。つけ麺にしては味は薄めな感じはするものの風味は煮干しがしっかり。
そしてこの油がとろみと温度を保っていますね。シャバ系かと思いきや、濃厚さも感じますね。
何口か食べていくうちに、より煮干しを感じますね。
うんうん、魚介系と言ったが、煮干しですな。これは煮干しです。煮干の苦みや臭みがほのかに感じられるが、嫌な感じではない。むしろそれが煮干し味を演出していますね。

この麺も一見普通の麺ですが、歯ごたえとかほどよくつるんとした感じがいいですねぇ。

とそんな感じで麺をすすりつつ他の具を組ます。ネギ類と海苔もたっぷりです。
そんな中、味玉を半分行ってみましょう。パクリンチョ!

うん、あまり濃い味がついていない優しい感じの味玉です。これはこれでアリですな。
お次はチャーシューです。箸で持った感じは硬めですね。パクリンチョ!
おお、噛んでみると意外に柔らかい。脂身の脂が溶け出してジューシーさも醸し出しつつ。
これは温めて置いたらかかなり柔らかくなりそうですが、口に入れればすぐに柔らかくなるのでこれでいいのかもしれないですね。
味も脂の味とあいまっていい感じですね。こちらも優しい味付けです。

とそんな感じで引き続き麺をズルズル。最初に食べたときはなんだかあまりよくわからなかったんですが、食べていくいくうちにみるみる煮干しの味がしますね。ダシの味!です。
余分な塩分がない分最初は薄く感じるかもしれませんが、これはこれでアリです。うむ。

と引き続き具をつまみつつ麺をズルズル。
麺は見た目は思ったよりもモリモリだなぁと思ったのですが、丼の底には水切りの板?ざる的な役割のやーつがあるので、思ったほどではないです。茹で前230gということで十分かなと思いましたが、そんな極太でもないし、思ったよりも質量は増えなかったみたいですね。
とはいえ、今の俺にはこれで問題ありませんね。とズルズル。

スープはやや冷めるものの、元がアツアツなので冷たくなるには至らず。
サクッと完食でございます。

で、久々のつけ麺ですし、スープ割を頂きます。店員さんにお願いすると、ポット的なものに割スープを入れて持ってきてくれます。それをたっぷりと注いで飲んでみます。

うん、そしてまたすごい煮干し感ですね!マイルドになるどころか煮干し感増しです。
しかも思ったよりも味が濃くなる感じ。スープ割は基本さっぱり系になるところ、逆にダシが強くなる感じですねえ。
ズルズルと。うんうん、なるほどです。
飲めば飲むほど煮干しですね。煮干し一辺倒でございます!

という感じで終了です。腹はほどよい具合です。
久々のつけ麺でしたが、なんだか新しい味でしたね。煮干し系はラーメンもつけ麺も色々食べていますが、今までにないタイプの味でしたねぇ。
煮干感はあるものの、味はマイルドで風味はしっかり。魚の脂のねっとりした感じがまたそれといい感じでマッチしていました。
麺もありきたりそうな感じでありつつも、どこかこだわりを感じましたね。このスープにこの麺という感じでした。

ただ、煮干しがあまり好きでない人はちょっと…かもしれませんね。煮干しが好き!っていう人は一度試してみたら面白いと思います。俺の好きな凪とかとは全然方向性の違う煮干し系でしたので、興味がある方は是非!
ハラペコさんは中盛り以上がよろしいかなと思います。

お、ついに後客来店。まあ俺は帰りますけどね!ごちそうさまと声をかけて店を出ます。
なんだか新宿の中でもあまり来たことのない感じでちょっと面白かったですね。

帰りは新宿まで歩いて行くっぺか。
外はちょっと寒いべなぁ…。もう冬っぽい空気ですな。乾燥もしておりますなぁ…。
みなさんお体に気を付けてください!

とそんな感じの冬のつけ麺なのでありました。ふひー寒い。

ではまた次回!今週もイレギュラーなことがちょいちょいあるので何曜日になるかはわかりませんが、もう一杯は食います!!

その日まで!バイバイキーーーーん!!!
さーしすーせそーーーー!!!

ボーナスが出たので、無駄遣いしたい気分です。
千疋屋でメロン買って、一玉まるまる食うっていうのを検討しています。
でもこの時期はメロンじゃないかなぁ…。


ではまた!






posted by クロペソマソ at 16:18| Comment(0) | 新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする