2012年10月22日

吉祥寺 蒼龍唐玉堂

今日は吉祥寺に用事があったので、行くことは決まっていた。
だけど、吉祥寺のめぼしいらーめん屋は大体行っちゃったし…と思って検索していると、気になるものを発見。
吉祥寺の大勝軒で、二郎インスパイア的なラーメンがあるという。
ほほう、それは面白い。大勝軒に行ったのもしばらく前だし、行って見るか。

ということで今日は遅めで14時半過ぎに出発。
ちょっとした用事を済ませて、大勝軒へ向かう。
さて、食券を…と思ったら、ネットで見た例のヤツがない…アレ、もう終わっちゃった??
3秒ほど考え、他の店に行くことにする。
申し訳ないけど、大勝軒別に好きじゃないし、今はそういう気分でもない。

でも困ったな、どこにしよう…。
と思い携帯で検索をして見る。
あ、そうだ!行こう行こうと思っていた蒼龍唐玉堂にしよう!
以前行こうと思ったときは、なぜか準備中でやってなかったけど、どうかなぁ…。
と不安を抱えながらロフトの並びにある店の前に行って見ると、入り口に張り紙が…。

「本日は都合によりつけ麺ができません。」
ん?いや、別にいいけど…。とにかく開いてるね、よかった!
と安心して店内へ。この時間はいつもこの店は空いている。

さて、いつもの通り特製坦々麺でいいかな。
いつからか値上げして1100円とちょっと高めだけど、具も多いしボリュームあるから許容範囲。
と思ったら、カウンターになにやら妙な張り紙が…。
蒼龍.jpg
む、なんだこれ?新メニューか?
肉ヤマ麺?山のごとし…?

この流れでピーンときた!
そうか、ここも二郎っぽいもんやってんだな?
野菜と肉山盛りウェルカム!というわけで、これの坦々スープを注文。

ホント、二郎インスパイアとかパクリとか多いんだな。まあ、こっちとしては嬉しいことだけど。

さて、どんなものが来るのか…?
そして着麺!
蒼龍 (2).jpg

なるほど、確かに野菜が山盛りだな!
ふむふむ、とにかく行ってみよう。
まずは野菜から。
もやしベースでキャベツ少々。ニラも少々。ニラっていうのがこの店っぽくていいね。
ニンニクは少し入ってるかな?って感じ。
そして肉は豚バラかな?ややパサパサ気味。
野菜に少し油が付いてるから、もしかしたら野菜と豚バラ一緒に茹でてるのかも。

しかし確かに結構な量だ。二郎のマシまでは行かないけど、普通に考えれば大盛りだろう。
野菜と肉をやってつけていく。
温かいし、なかなかいいぞ。スープをかけたりしつつ片付けていく。
肉も量は割りとある。ただの豚肉だけど。

そして山がなくなってきたところで麺へ。
麺は平打ちっていうのかな?前よりモチモチしてる気がした。
ん、スープが辛いぞ?そして思いの他熱い!
いつもの特製坦々麺は黒ゴマだから辛さはあまりないんだけど、これはちょっと辛い。
良く見ると赤みがかってるし…。
一気に汗が…だが良し!辛さは中本ほどではないし、がつがつ行っちゃうよ!

ハフハフしながら食べ進めていく。
この店って、らーめん屋ってカテゴリーだとあんまり名前が出ないんだけど、俺としては全然あり。
確かに坦々麺だし、俗に言うラーメンとは違うけど、辛いのとかゴマとかが好きなら試してほしいね。
ちょっと何かの香辛料の癖みたいのあるときあるけど、気になるレベルじゃないし。
それから、ここはお昼時を除けば店内が喫煙可。夜はほぼ飲み屋みたくなるから、おつまみ系も充実してるし、餃子の定食なんかもある。
個人的には普通の餃子より、ぷっくり大餃子がオススメ。ホントに大きいし、美味い。
チェーン店で結構あちこちあるしね。

と、そんなこんなで気づけば汗だく。
この目の下からじんわり汗が出る感じは、中本くらいでしか味わえないものだったから、なんか嬉しい。
辛さと熱さが衰えない中、完食!

ふう、汗を拭くのにたくさん紙ナフ使っちゃったぜ。
しかしこの辛いスープも後引くな。
でもボリューム的にはちょい多め、ってくらいかな。
野菜と淡白な豚肉だけだと、具もちょっと物足りなさがなくもない。
やや割高感が出ちゃうけど、次は何かトッピングしてみてもいいかなぁ。

15時を過ぎれば喫煙可だし、一本吸おうかなと思ったけど、暑いから出ます!

お会計して店を出る。
なかなかの満足感だぜ。でもやっぱり特製坦々麺もいいんだよなぁ。
角煮と卵とメンマと…って感じだし。でもさっきのあの辛いのも捨てがたい。

今までもそうだったけど、吉祥寺で行く店の選択肢の上位に舞い戻ってきた感じ。
しかしいかんせんラーメンを食いすぎている。気をつけなければいけない。

さて、どこぞでお茶でもしながらマンガでも読むか。これぞ休日。



posted by クロペソマソ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野・三鷹市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック