2013年03月04日

吉祥寺 ホープ軒 本舗

昨夜から死んだように眠り、今朝は早めに目が覚める。
右足の筋肉痛がひどい。もっと寝ていたかったが、目が覚めてしまっているので起きだす。

今日は足も痛いし、近場でと考えていた。
最近は吉祥寺にも行ってなかったし、とりあえずここでいいやって感じでホープ軒へ行くことに。
いつもより早く出たせいで、店に着いたのは13時半よりも前。
店は結構混雑していたが、ちょこちょこと席は空いているので一人なら問題なく入れる。

狭い席に座り、中華そば600円と、もやし50円、味付け玉子50円を注文。
ここは注文したらその場でお金を払います。
古い店だし、出口は開けっ放しいるから食い逃げ防止で始まったのかな。

混んでいたせいか少し待ったが、10分くらいで着麺!
お久しぶりでございます!
ホープ軒 (1).JPG

うん、もやしをトッピングするだけで見た目はかなりボリュームが増すね!
もともと麺は結構多めだし。

ここはとんこつだと思うけど、いわゆる家系のとんこつではない。
とんこつらしい香りはあるが、ほのかな感じなのでクサい!ってほどではない。

もやしを食べる。これはまさにもやし。しゃきしゃき感残ってます。
もやしをなんとなく片づけたら次に麺。
細めの中華麺で柔らかめ。割ともちもちだ。
細めでも十分な量があるのが箸を突っ込むとわかる。
ホープ軒 (2).JPG

チャーシューは1枚。
ちょっとぱさぱさ系ながらも薄いし、スープに浸かっているので固さはさほど感じない。
まあこれは1枚でいいかな。

とんこつスープとしては割と薄めなのかな?脂も結構浮いてるけどそこまでしつこさはない。
アツアツでもちっとした麺をズルズルとすすっていく。うん、悪くないね。

味玉はほぼただのゆで卵。黄身までしっかり固まってる。
少し味はついているが、その味は黄身までは浸透していない。
50円だし、まあ問題ないクオリティなのかな。

カウンターには唐華(とうか)という唐辛子がある。これを途中でぶっかける。
かけすぎると結構辛くなるので注意。とかいいながらかけすぎて辛くなってしまった…。
ホープ軒 (3).JPG

辛さでとんこつ味もクソもなくなってしまった…。
だけどこの辛さはいいぞ!汗がどっと出てくる。
熱さと辛さでハフハフズルズル…。
黙々と食べる。やっぱ、もうちょっと具があると嬉しいかなぁ。

汗だくになりながらも完食。
やはり長く続いている店だけあってなかなかですね。
最近流行のラーメンとは違う、昔ながらって感じもいい。
値段と量から考えてもコスパも良し。
古き良きラーメンって感じでたまにはいいと思うな。
実際客層も老若男女幅広いし、親しみやすくて美味いってことなんだろうね。

後からも客足が絶えないので、そそくさと店を出る。
久々に吉祥寺に来たはいいが、特にやることもなく…。
その辺ふらふらして、お茶しながら本で読んで…って感じかな。

あ、まったく関係ないけどサンロードのエクセルシオールが綺麗になってた。行かないけど。

登山という楽しみが終わってしまい、なんとなく虚無感があるが…。
また明日から、1日1日やっていかないといけないなぁ、とちょっと暗い気持ちになる。

っていうか3月ってそういう気分になりがちだよね。
卒業シーズン、別れの季節、期待と不安が入り交じり、どうしても不安が勝ってしまいタイプの私としては…
色々考えてしまう時期ではある。

まあ考えても仕方ないんだけどね。
さて、どこでお茶を飲もうかな。
汗を冷やしながら、のんびりと多くの人が行きかうサンロードを歩いていくのであった。





ラベル:ラーメン 豚骨
posted by クロペソマソ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 武蔵野・三鷹市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

懐かしの味♪東京豚骨醤油ラーメンです! ホープ軒本舗 吉祥寺店
Excerpt: お越し頂きありがとうございます♪  2015年3月、出張先はジョージ(吉祥寺)に出没v^^v  吉祥寺は、駅から鉄道やバスで15分圏内に大学が点在しており、吉祥寺には多数の学生が集い吉祥寺は下..
Weblog: 出張先
Tracked: 2015-05-05 14:36