2013年03月07日

三軒茶屋 麺屋 臥龍

今日は久々に夜ラー!
諸事情により三茶に出向く。
他の店に行くときや帰りに三茶を通ることはあったが、三茶の店に行くのは初めて。
二つの候補があったが、一方は行列になっているという情報を得、混んでいない方をチョイス。

商店街に色々な店が並ぶなかにヴィレバンなんかがあったりして、その近くに店はある。
佇まいは日本風のちょっとした飲み屋?のような感じ。
木の引き戸を開けると、まさにそんな感じのカウンターと、やや強面の店主。
他の客は中年の男女が酒を飲んでいた。
メニューには「つまみ」という項目があり、ハートランドビールなどもある。
ラーメン屋でありながら一杯やることもできる、という感じのようだ。

メニューを見て、ちょっと高かったがせっかくだしということで肉麺1200円を注文。
この肉麺はいわゆる全部乗せ的なものだ。
ラーメンの種類としては大まかに鶏ガラの白湯と味噌だけのような。
肉麺は白湯の方に属する。

ちなみに注文を受けた時の店主は見た目とは違い感じは良かった。

いい感じに古びたような、一昔前のような佇まいで落ち着く店内だ。
人の話し声も、調理する音もまったく聞こえないほどの静けさがある雰囲気だ。
個人的にはこういう店好き。一人で来て、なんの違和感もなくいられる店だ。

10分かからないくらいで着麺!
臥龍 (1).JPG

ほほおう、いいね。
チャーシューが三種類、味玉、ネギ、穂先メンマかな。

まずはメンマ。
色は白く、なんだか独特の香りだ。
味はあまりメンマっぽくなくナチュラルな感じだ。柔らかめ。
ある程度の長さがあるものが3本くらい入ってる。

そして次に麺。
これは…細麺だが存在感がしっかりあり、柔らかめにゆでられている。
なんだか、懐かしいような感じだ。
臥龍 (2).JPG

割とアツアツのスープと柔らかめの麺。
これは冬のラーメンだな、という感じだ。
スープは白湯なのだが、何の味がすると聞かれると困る。
見た目は油も浮いているのだが、油っこさはまったくない。
スープだけを飲むと何の味がなのかわからないが、間違いなく味があるしコクがある。
まさに出汁だけで作ったんだという感じだ。主張しすぎず、かといって存在感がないわけではない。
なんだか優しい味だ。

チャーシューを行ってみる。
まずは一番左の鶏チャーシュー。
これはタンパクながらもほろりと柔らかくて美味い!
鶏チャーシューって他の店でも食べるけど、どこも美味しく作るよね。
ここのも間違いなく美味かった!
次に真ん中のチャーシュー。これがベーシックチャーシューかな?
これはいい感じに脂が乗っている。柔らかくも素材の味が出ていてこれも美味い!
そして一番右の炙りチャーシューと思われるもの。
これはベーシックチャーシューに香ばしさをプラスしたようなものだ。
肉感を失わないながらも非常に柔らかい!これも美味い!

この三種類のチャーシューはすべてそれぞれ美味い!
そしてそのチャーシューに一体感を持たせているのはやはりスープか?
チャーシューの味を邪魔しないながらも優しく包み込んでいるかのうようだ!

チャーシューをおかずにすると麺もまたより一層美味い!
これは本当に高い完成度だ。
後からホームページをみたら「動物性油を極力控え、また化学調味料、白砂糖などを一切使用しておりません」とある。
この味のあるようなないような感じだけど絶妙、というスープはそういうことだったのだな。
薄味だが、間違いなくラーメンのスープなのだ。なんだかこれはすごい。

そして味玉。これもまたすごい。
白身は間違いなく固まっているのだが、箸でつかむと想像以上に柔らかい!
持ち上げたらやぶれて黄身が溢れ出す!
その黄身がまた濃い黄色をしていてトロトロとしているぞ!
食べてみると、白身の部分が少なく黄身は非常に濃厚!これは作り方なのか、それとも卵そのものが違うのか…。なんにしても美味い!
チャーシューはどのラーメンにも1枚は入ってると思うが、そこに味玉トッピングは是非おすすめ!

青ネギもいいアクセントになっていて、本当に一杯のラーメンとして完成されているとさえ思う。
久々に関心するラーメン。
麺、スープ、そしてトッピングと、すべてで楽しめる!

気になったのは、あのメンマの独特の香りくらいかな…。なんとも説明が難しいけど。
でもそれも最初だけで、食べ始めたらまったく気にならなかったんだけどね。

もう本当に集中して黙々と食べてしまった。

本当に信念のようなものを感じる、芸術品だとさえ思える一杯だった。

当然白湯は薄味だし、量もそこまで多くないから好みは分かれるかもしれない。
でも仕事帰りにあっさりなラーメンを食べたいな、という感じならうってつけだろう。
店の雰囲気も、このラーメンもぴったりだと思う。
久々の夜ラーでこれを食べたのも何かの縁か…。

なんだか関心して神妙な気持ちになってしまった。

また新たなラーメンをいうものを発見した気分だ。
これはホント、おすすめ。

一人で切り盛りしている店主の手が空くを待ってお会計。

この木の引き戸もなんか雰囲気あるよね。
今日はそこそこ暖かかったけど、もっと寒かったらもっと良かったかもなぁ。

そんなことを考えながら細い路地を歩いていく。

いやぁ、今日はいい出会いだったな。
なんとも言えないいい気分で、駅に向かってのんびりと歩いていくのであった。




ラベル:ラーメン 白湯
posted by クロペソマソ at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ美味しいですよね☆某ブログを見て私も行ったんですが、冷やしもすごく美味しそうですよ☆
Posted by 通りすがりです。 at 2013年07月08日 10:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック