2013年07月19日

吉祥寺 麺屋武蔵 虎洞

すっかり7月も後半になってまいりました。
今日は特に何もない。ラーメンを食うだけの日。

今日は久々に麺屋武蔵に行くことにした。
ここは以前かなり通っていたが、いかんせんすぐ味やその他もろもろが変更になる。
すごく美味いわけではないが、まあそれなりではある。

ってことでのんびり家を出て14時くらいに吉祥寺着。
店に行ってみると…なんと!平日なのに5人くらいの並びあり!!

ここは土日はいつも並んでる。でも平日にまで…?あれか?夏休み的なやつか?
うっぜー!!っていうか正直ここは並んで食べるほどでは…と個人的に思う。
だけど今日はここって決めてきたし、仕方ないので列の後ろに。
ちなみに濃厚虎つけ麺1100円を購入。
実はここの濃厚は食ったことなかったかも。

待っていると店から店員が出てきて、食券を渡しつつ麺の量の確認。
並、中、大、特盛とあって、大で300g、特盛は自分でグラムを指定できるみたいだ。
ちょっと悩んだが大で。昔の大盛りは300どころじゃなかった気がするけど…。

なんかいつのまにか店の外にスピーカーがついて、店内からの声がそこから聞こえる。
思ったよりも回転が早く、次々の並びの客が店内に案内される。

カウンターに座ると2〜3分で着麺!
虎洞 (1).JPG

うん、見慣れた感じ、あるね。この角煮、味玉。
麺が平打ちっぽいな?いつからだ?
虎洞 (3).JPG

スープは確かに濃厚っぽい色合い。
虎洞 (2).JPG

スープに箸を突っ込むと少しのメンマと少しのチャーシュー。
うん、まあ普通っていうか、この店の味って感じ。
スープも濃厚という割にややシャバ系、味もまあ濃い目の魚介、かな?
なんか、ここの味って濃厚魚介系ではすごくベーシックな感じ。俺の中では。

麺を一口。
うん、平打ちの麺だね。きしめんみたいな。
やや柔らかめの茹で加減かな?もうちょっと固い方が個人的には好み。
きしめんっていうか、茹ですぎたパスタ、のほうが近いかも!

なんかさっきからネガティブワードばっかりだけど別に嫌いなわけじゃないからね!(笑)

なんていうか、本当に魚介が流行ってたころによく食ってたから安定感はあるんだけど、ね。
二郎よろしく野菜のトッピングやってみたり、スープ変わったり麺変わったり…。
それでいいのか?っていうのはちょっとあるんだけどね。

角煮を頂く。
うん、これも相変わらず。柔らかくて甘味があって美味い。これは前から美味いままだね。
角煮が好きな人はホントいいと思う、コレ。

角煮を食いつつ麺をすする。
っていうかこれで300あるのかな?柔らかめだからどんどん腹にぶっこんでいける。

やっぱ柔らかめの麺の方が噛む回数の問題か、たくさん食べられるよね。
麺が変わる前は結構コシがあって、大盛りだと最後は結構満腹になったものだ。何年前かな?
3年とかそれくらい前かな?

味玉を頂く。
割と柔らかめだが黄身はいい感じに固まってる。味付けは薄目。

そんな感じでズルズル。
あ、カウンターに辛みそあるの忘れてた!
濃厚じゃない方のつけ麺の方だとつけだれは割と弱いので、辛みそいっぱい入れてごまかしてたっけ(笑)

今ある辛みそはなんかコチュジャンっぽいね。ちゃんと辛さがありつつほんのりと甘い。

麺が残り三分の一くらいになってから辛みそをたっぷりで頂く。
やべ、思ったより辛い。でもいいいやいいや!
ズルズルズルリ。

と完食。
うん、ちょうどいい感じの満腹感。

まあでも俺の中での評価を覆すことはなかったね。
ここはここの味。
でも麺は普通の極太麺とかのほうがいいかもなぁ。でもスープとの相性はイマイチなのかな?

吉祥寺駅周辺のつけ麺だと、まずはえんじ、だと個人的には思うかな。タイプが違うけど。
駅からちょっとあるけば美味い店も他にはある。

でも麺屋武蔵の安定感っていうのは確かにあるよね。

とにかくいっぱい食べたかったらつけ麺800円で、麺を400とか500頼むといいかもね。

というわけで店を出る。
顔を知ってる店員はもういなかったなぁ。そりゃそうか。
時給がそこそこいいみたいだから、働いてもいいかなーみたいなことも昔考えたな(笑)

なんにしても、よくも悪くも変わってなくて安心というか、タイムスリップ感あるよね。
でもよくここに来ていたときは決して俺のいい時期ではかったから複雑かな…。
なんか今回は非常に主観的というか、個人的な観点が前に出過ぎてしまったかな。

でも興味がある人は行ってみても損はしないと思う。損は。

さて、次があるかな?

店を出ると、もう次やるべきことに気持ちが向いているのであった。




ラベル:濃厚 つけ麺 魚介
posted by クロペソマソ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野・三鷹市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック