2013年07月24日

渋谷 桂花ラーメン 渋谷センター街店

本日は昼から仕事。そういうときに色々用事を済ませておかねば…と早目に家を出る。
渋谷でのちょっとした待ち時間に昼ラー!
渋谷はまだまだ行ってない店が多いが、そこまで興味引かれる店はだいぶ減ってきた。
でもせっかくだからと適当に検索。そしてなにやら他とは毛色の違う店を発見。

メニューを見てみると結構ボリューミー。場所的にも行きやすいな、ということでここへ。

11時半過ぎくらいに店に入る一階はほぼ満席で、二階席へと通された。
この店、ちょっと前に怪しい中華屋から変わったのは知ってたけど…変わったにも関わらず怪しい中華屋っぽさはあんまり消えていない(笑)


店員に促され券売機で食券を買う。
太肉麺(ターローメン)950円だ。ライスが無料でサービスとのことでそれももらう。

二階に上がり、店員に食券を渡して席に着く。店員は外国人が多いようだ。

まだ昼前だけあって二階は空いている。
にしても…怪しい中華屋に毛が生えたような感じだな(笑)天下一品にちょっと雰囲気似てるかな?
赤が基調だからかな。床もヌルヌルだしね(笑)

でも別に嫌いじゃないよ、こういう店。
定食屋なんかだと案外こういうほうがボリュームあって安くてって店多いよね。

まあ、ここは950円で…高いけど(笑)
ここは熊本出の店なんだねー。客も中年のおじさん達が多い気がした。

と、10分も待たないうちに着麺!!
桂花ラーメン (1).JPG

うんうん、なかなかボリューミーだね。
なんか、この間行った渋谷の亜寿加の排骨に似た香りがする!
麺を引っ張り出すとこんな感じ。
桂花ラーメン (2).JPG

細麺の部類に入るのかな?なんか色がグレー。

まずはキャベツから頂く。
うん、普通のキャベツ。かかってる油は馬油ですかね?この香ばしい風味はいいね。
あとはメンマと、この緑なのはなんだ?昆布っぽいけど…。わかめかな?

そして麺。
うん、細めの割に重量感がある。湯で具合もちょうどいいか。
こうして食べてみると確かに豚骨を感じるな。

まあ普通ではあるが悪くないね。
店の雰囲気にあった味、と思うとすごくしっくり来る(笑)
麺の量もそこそこあるね。豚骨ラーメンって案外ご飯があうんだよねー。

そしてチャーシュー?角煮?を食べてみる。
む、思ったよりもかなりやわらかくて美味いぞ!
この間の虎洞の角煮よりも柔らかい!味もいい!これはいいね!

見た感じ小さいけど、食べてみるとそれなりに重量感があるから、これくらいでちょうどいいのかも!
麺、角煮、ご飯というループが成立いたしますよ!

うんうん、これはなかなか進むな。この豚骨スープも馬油の存在で少し混沌としているが悪くはないし。

麺とご飯、ときどき角煮。

そして味玉。これはまさに昔ながらの煮玉子。でも、ラーメンに玉子ってとっても優しい存在だよね。

ガツガツ、ズルズル、まさに男が一人で来るラーメン屋の典型。
男達の哀愁がそこら中から出ている。きっと俺の背中の哀愁もすごいはずだぜ…。

というわけで完食。15分くらいの戦いだった。
腹はまあ8分目と少しかな。満足じゃ。

だけど、これくらいならもう少し安くてもいいかなって気はする。
一杯で950円は、ちょっとなぁ…コスパ的にも味的にも、そういう値段じゃぁないんじゃないかなーって気はする。

でもまあいいけどね!
ってことでごちそうさま。店を出る。
床は相変わらずヌルヌル。ここの外国人は日本語上手いね。多分だけど。

さて、仕事の前の一服をするか。
外は雨が降ったり止んだり…。今夜の天気はどうかな?

なんだか男の哀愁漂う店に入ったせいで俺の気持ちもなんかそんな感じになってきたぜ…。

寂しい男にとって、夏って季節は本当にただ暑いだけだぜ…。
でも、今年は既にそこそこ予定が入ってるんだけどね。
当然そこに女ッ気はないがな!安心したまえ諸君!

そんなことどうでもいいよね。ってことで真っ黒い内装のカフェへと歩いていくのであった。





ラベル:ラーメン
posted by クロペソマソ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック