2014年04月04日

三軒茶屋 AFURI 三軒茶屋店

少し間が空いてしまいました。
実は先月の末から、急に扁桃腺が腫れ、熱も出てしまい…文字通り死んでいました。
扁桃腺は10年くらい前に急性扁桃炎なるものになったことがあって、その時以来。
かなーり痛くて水を飲むのも苦痛、しかも熱も38度くらい出て地獄でした。
いかんせんまともに熱を出すことが滅多にないので、38度なんて出て死ぬかと思いました。

まあそれもなんとか大体回復し、やっとのことでラーメンを食えるようになったわけです。
しかし数日家で引きこもる日々が続いていたので、体もだいぶ弱っていました。
ぶり返すのも怖いので、まずは軽く、と思ってなんとなく家の近くで検索。
すると、AFURIが三茶にオープンしているではないか。
ピカソの隣、去年で閉店してしまったフレッシュネスの跡地にできたと思われます。

AFURIと言えば恵比寿、そして塩ラーメン。リハビリにはちょうどいいかもしれないな。しかも通し営業だし。というわけでここに決定。

AFURIは恵比寿の店にかなり前に行ったことがあるが、印象は残っていない。
20代前半の時だったし、ラーメンが好きだと認識して食べるようになったのはここ5年くらいだからね。
実はAFURIも最近店舗を増やしているという噂だ。

朝起きて起きて体調を確認。うん、悪くない。天気もまあまあだ。
しかし無理はしない。ゆっくりしてからのんびり出かける。
家から歩いて20分くらいで到着。今日は風が強い。しかしそれでも汗だくだ。

ピカソのすぐ隣。白を基調とした綺麗な店だ。女性にも人気の店なんだよね、確か。
店に入ると店内も白で、とても綺麗でこじゃれた感じだ。
券売機で塩ラーメン780円とご飯180円を購入。
ご飯が180円もするのは非常に腹立たしいが、まあ仕方ない。こじゃれた店の宿命だ。
かと言って麺だけではちょっと寂しいからね。

ちなみに店に入ると「1名様ですか?」とか聞かれます。いや、見ればわかるでしょ、って感じはややある。
店員さんに食券を渡して席に着く。15時くらいだったせいか、先客はゼロ。
店員は3人いたが、全員女性だ。これってちょっと珍しいよね。

店員さんに、鶏油(チーユと言っていたかな?)普通の量の淡麗、多めのまる味?とかがあるがどうするか聞かれたので、普通に淡麗でとお願いする。

この店員さんの感じからして、AFURIも人気だからついにマニュアル化してチェーン展開してるんだなぁ、というのが感じ取れる。まあ別にいいんだけどね。
ただやっぱりこのいかにもバイトが作ってます的な雰囲気はあんまり好きじゃないかな。
たくさんのラーメンを食べるうちに、店主がマジで作ってるマジなラーメンを食いたいという気持ちが強くなってきている。実際、マジかどうかなんてのはこちらの主観でしかなく、判断なんてつかないんだけどね。
そんなことをぐちゃぐちゃ考える俺はきっと今後なんだか嫌な感じの客になるのだろう、なんて思う。

5分くらいして着麺、早いです!
AFURI三茶 (2).JPG

うん、見た目とても綺麗。丁寧に作っている感じがします。
ライスの量はやはり普通。180円でこの量は許せない…でも仕方ない…。
50円とか100円で盛り放題の店だってあるのを知っているから…。まあそれは置いておいて。

AFURI三茶 (1).JPG
麺は細麺だ。スープがとても綺麗だね。量も細麺にしてはちゃんと入ってる感じがある。

まずはメンマから。
細切りだが、筍の感じが結構残っているタイプ。
筍は基本好きではない俺だが、そんなに嫌な味はしなかった。食感が少し筍って感じはあったけど。
とても上品なお味ですね。

スープを飲んでみると、まさに塩という感じ。
あっさりと上品な味の中に鶏の油が結構な存在感を示している。

麺を行ってみる。
細麺だがちゃんと存在感はあるし、結構美味い。なるほど、さすがという感じ。
スープだけを飲んだときとはやや違ううま味が感じられる。
ご飯をつまみつつ麺をすすっていく。うんうん、美味しいですね。

具はあと海苔、チャーシュー、味玉半分、水菜。
ちなみに煮玉子も別で頼むと180円だった。たっけー!!

味玉を行ってみる。
これはとてもいい感じだ。見た通りのほどよい半熟。
味玉らしい味付けながらもとても優しい。これはなかなか。でも180円は絶対出しません。

チャーシューはかなりジューシー。
焼き肉で食べる豚という感じだ。実際網焼きしてるみたいだった。
これは肉好きにはいいんじゃない?ただ、チャーシューという感覚とはやや違うのでご注意。
鶏油がある程度入ってるとはいえ、このチャーシューのジューシーさはちょっと浮くかな?
まあこのスープだからこそこのチャーシューでいいともいえるかもしれない。
ご飯が進んじゃう感じだね。

とそんなこんなで麺とスープ、そして麺のローテーション。
麺はそこそこの量だし、なんだかんだで満足できそうだ。
順調に食べ進めて完食。そのころには後客もちらほら来ていた。

全体的に、AFURIへのイメージを悪くさせるような点はなかったです。
味もいいし、塩ラーメンが好きな人にはいいと思います。
まあでもラーメン以外のトッピングやサイドメニューはややコスパが悪いかな。
でもなんら文句はないです。
店員さんもややまだ慣れない感じというのは否めませんが、真面目にやっているという感じでした。
ピカソの隣ということで人目にもある程度つくし、駅から一本奥の道にあるというのもさほど不利には働かないでしょう。

ごちそうさまと声をかけて店を出る。
なんとなく慣れない感じの女性のあいさつを聞くと、ラーメン屋に来たとは思えないですね。
いやでもそれは偏見ですよね、いかん。

しかしそんなに食べたつもりはないのに腹がいっぱいだ。まだまだ体調も万全とは言えないか。
本当に健康って大事ですよね。しかしなんでいきなり扁桃腺に来たのか…謎だ。
今までも疲れたりすると少し腫れることはあったけど、熱が出てここまでくることはなかったんだけどなぁ…。
春ということで、なかなか休めない仕事や用事などもあるでしょうから、皆さん気を付けてください。

そんな感じで今年度のラーメンも始まりました。今年も食います。
ただ最近歳のせいか、いっぱい食べると腹を下す傾向があるので、ガッツリ系は少なくなるかも…。
歳のせいなのかなぁ、なんかそれを認めるのがイヤだなぁ。

そんなことを思いつつ、用意した烏龍茶を飲むが、いつものようにゴクゴクと飲めず、なんとなく気落ちしてしまうのであった。




ラベル:ラーメン 鶏油
posted by クロペソマソ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック