2021年06月21日

淡路町・小川町 金龍

はーーぁい!1週間の始まり!すなわち麺の日!やってまいりましょうか!!
と良さげな店に目星をつけております。さっさと職場を出て出発!!外の空気からして蒸し暑くなりそうな予感。天気予報でも言ってたしね。こんな時はやっぱつけ麺だよね!そのつもりです。と電車でやってきたのは淡路町でございます。小川町からもこれますのでお好きな方から。
10:50ころに到着すると、店名などもよくわからないけど3人の待ちあり。キング製麺の箱あるしここだべ!と後ろに着く。その店はこちら!
金龍 (6).JPG
金龍、でございます。いわずもがな小池だとかにし乃だとかの系列だそうで。じゃあくってみっか、とやってきたのであります。系列のお店はだいたい行ってますが、好み的にはさほどですが、確かに美味しいのはわかる、そんな印象です。と11時ちょうどに開店。シャッターが上がるの店名が見えました。順番に食券を。
金龍 (7).JPG
ふむ。つけ麺ですかね、やっぱり。でも特製だとワンタンかぁ…ワンタンは好きじゃないというか、当たった過去があるので…。あっさりつけめん900円と、チャーシュー増し250円、せっかくなので味玉110円もポチりです。店は木目調で綺麗だけも狭いかな。コの字型8つ席があるカウンター。一席ずつビニールの仕切りがあります。案内された席に座り、店員さんに食券を渡す。では卓上見つつボケ待ち。
金龍 (1).JPG金龍 (2).JPG
ほほーんなるほどね。せっかく増したチャーシューの説明なし!とにかく待ちましょう。BGMはラジオ?優先?某大人数アイドル系ほ曲が薄めに聞こえてきます。
と、着席から10分弱で着麺でございます!こちら!
金龍 (3).JPG
うーん、さすがの見た目。一緒に藻塩(左上)とタレ(右上)も使ってくださいと。
金龍 (4).JPG
スープ透き通ってます。中には何かしらの青菜が。
金龍 (5).JPG
麺は細麺なんですね。しかし肉多い!どこからが追加分??わかりませんがいいと思います。多い分には嬉しい限り!
ではいただきます!まずはスープの中の青菜的なもの。ほうれん草かな?わかりません!食べてみてもわかりません!和風な付け合わせ的な雰囲気です。
捨ての具はなし!麺行きまっせ!とあるなんだか通好みの雰囲気なので、俺も通ぶって麺だけすすってみるか?ってことでちょいとズルリ。うん、細さや食感は蕎麦的?昆布水に浸かってるし素麺的なものもあり。しかしちゃんとラーメンの麺です!またじょうひんではここから既に料理的だわ。ほのかに昆布の風味とぬめりを感じますね。では今度はスープにしっかりとつけてズルズルリンコぉ!

これは!なんといえばいい?あっさり和風出し、塩味?それ系のタレですね。非常に上品ながらも何かのタレと塩気がほどよい。あっさりなんだけど非常に深みというか奥行きを感じる味わい。これは美味いですよ。好み云々を抜きにして美味いです。つけ麺の枠出てますよ。日本料理かよ的な感じですわ。お見事ですねぇ。麺とスープが本当に調和していてね。もう素人が無理に説明するのやめます。はい。
ズルズルとな!細麺だけど割と食べ応えある!よく噛まないと喉に詰まるぜ!!あーみずみずしくてこれからの季節にぴったりだわ。
では具行きます!肉すげー多いから肉から。追加250円でもこれだけあると納得できますよね。一枚パクリンチョ!うん、レア系なんですが食感としてはさほどレア系独特の噛みきれない感がなく、上質なハムのような感じ。味付けはナチュラルですが、なんか他より美味しい気がする。脂身のぬめった感じとかも一切ないし、温かいわけじゃないのに舌触り歯触りがとてもいい。これもさすがですね。

お次は味玉。半分パックンチョ!おお、これがまた…美味い。なんだこの固まり具合!半熟でほどよく味が染みた部分のとろりとまろやかな味わいだなと思うと、後からしっかり目に固まった黄身の食感と味がおっかけてくる!そこに白身の味もほどよく混じって…。これはすごい!玉子自体は小さめなのに!これもマジ料理!料理味玉!

いやーさすがというかなんというか…全体のクオリティの高さやべーっす。
とにかく夢中でズルズルり。ふと気づけばほとんどの客つけ麺食ってる。時期的なものかなぁ?しかしそれもうなづける。ズルズルと。麺が細麺なのに結構存在感あって。量も普通にあるんだよね。量まで上品になりすぎないとこ、いいと思う。ラーメン屋だもんね!

とズルズルモグモグ。藻塩?と言ってたかな、この塩を徐に麺にちょいとかけて食べてみる。うん、食える。高級蕎麦屋か??そしてスープに少しタレを追加してみたり。コレはそこまで変化せず。しかし麺が昆布水に浸かっているので、食べているうちに薄まるのはわかる気がする。

黙々と麺をすすり肉をかじり食べ続ける。肉肉、麺麺、肉麺麺。ほどよい感じで完食。最初ロットの客たちがほぼ一斉にスープ割りもお願いした。そしてズルリ。うん、和風。スープだけで飲むと、昆布水が割と入ってるのがよくわかる。と一通り飲んでフィニッシュです。腹具合ほどよく八分目。
この系列のお店は大体行っていますが、どれもハイクオリティ。店それぞれの味わいは当然ありますが、全体として和風で料理的な一杯な印象。こちらもそういう感じでした。今回はつけ麺でしたが、他にはない上品で和風の料理のような麺。しかしそれでいてちゃんとラーメン的つけ麺的な要素も残しているという。さすがという一杯でした。よくよく説明を読むとスープは魚介なんですね。でも所謂魚介のイメージとはかけはなれた味わいです。ダシ全開はまさにその通りですが、上品な和風のダシ。塩味がかとずっと思っていました。麺も細麺で蕎麦と素麺の間みたいな感じでありつつもちゃんとつけ麺として成立するという。昆布水と一緒に夏野菜乗っけたらサラダにでもなりそうなくらいのさわやかさ。でもつけ麺なんですよねぇ。すごいです。
具も美味しかった。肉も追加しただけあってたくさんで、レア系はさほど好きな方ではないんですが、しっかり美味しかった。レア系なんだけどレア系の生っぽい食感というか舌触りがなくて。なんかこう、チャーシューのようなハムのようななんとも説明が難しいんですが、美味しかったです。
そして味玉、これがまた料理でしたね。これはホント歴代トップクラス。繊細で計算された素晴らしい一品だったと思います。
そういうわけで全体として何ら文句ナシ。この味わいだと老若男女が楽しめると思います。でも、やっぱちょっと大人向けなのかな、って気はしますけどね。ただ、所謂「ラーメン」「つけ麺」みたいなイメージは捨てて行った方がいい。ジャンクフード、B級グルメとしてのラーメンを食べるつもりで行くと肩透かし食らって頭から地面にぶっ倒れます。そうなると、せっかく美味しいのに期待外れ感が大きくなってしまうってこともあると思うので、フラットにご飯食べに行く、上品なラーメンっぽいヤツ食べに行く、くらいの気持ちがよろしいかと思います。そしてその先はもう個人の好みです。ワタクシとしては好みの麺ではありません。しかしその美味しさは満場一致で認めます。否定する点はありません。
ってことで評価はB+。俺がすっごい好きってわけじゃないけど、自信を持っておススメできる味。そんな感じです。なんかこの系列のラーメンって全体的にそういう感じですよね。だから、系列の店が好きな人はきっと好きでまた新しい味に出会えるし、イマイチな人はこの店もイマイチに思うかもしれない。さてどうでしょう。気になる方は是非どうぞ!!

というわけで食べ終わったら即退店。チラホラ後客来つつ8割の入りをキープしてる感じですね。さすがです。道行く人もちらちら見ていきます。何屋さんかな?って感じですよねきっと。
ごちそうさまと声をかけて店を出ます。男性2人の店員さんはほのぼのしつつテキパキと仕事をされていました。ほのぼのは違うか?

外は暑くなりかけか。限定の冷やし中華もあったし、夏本番もきっと繁盛するだろうなぁ。思ったよりもまだ午前は暑くなってないけど、この時期の天気は読めませんからねぇ。しかし6月も後半!時期に夏感満載になるのかな?いやー怖いなぁ。でも真夏は短いから!2ヶ月くらいでしょ?あっという間!それよりボーナス!夏のボーナスおくれ―――――!に尽きる!!早く早くぅ!

そんな感じでそろそろワクチンもあれですか?チックンする感じですか?ねえ?俺はどうなぁ。インフルエンザにもなったことないから変なやつ体に入れたくないけどね!仕方ねえからチックンする方向でいるずら!ねえ!どっちでもいいけどみんな引き続き元気でね!熱中症にも気を付けなきゃいけないし!交通事故にも気を付けなきゃだし。気を付けることだらけかよ!!!

じゃあそんな感じで本日も、ごちそうさ麺!!でした―――――!!
次の麺まで元気でいてね!!って多分すぐだけども。どうかヨロシクのシクヨロで!!イエス!!
ここ数カ月、ブログを帰りの電車の中でスマホで打ってるのでちょいちょい誤字脱字スゴいかもしれないけどって気づいてた?それが実力だって思ってた???大正解!!!!天才じゃん!!

じゃあ最後まで読んでる変態の皆さん、またね――――!!バ―――イバ――――イ!!
あ、ずっと便秘だったけどさっきしっかりウ〇コでました!!ありがとうございました!!じゃーっと流しました!!

ジャ―――――

今日もなんか長いなぁ…。なんとかならないかなぁ…。




ラベル:つけ麺 魚介
posted by クロペソマソ at 17:00| Comment(0) | 千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。