2022年01月31日

新宿・新宿三丁目 一蘭 新宿中央東口店

どうもこんにちは!いよいよ1月最後の一杯となりました。今年もマッハで終わりそうですねぇ、なんてまだ1か月終わるだけですが。とにかく元気に参りましょう!
最近ガッツリ系を食べすぎだったり、先日久々に焼肉食べ放題行ったりでしっかり肉が付いてきたので、隙あらばヘルシー系!と思っておりまして、ぴったりな店を見つけました!いやいや、ラーメンにヘルシーなんて?というのは言いっこなし!では電車でガタンゴトンと。
やってきたのは新宿三丁目。この間来たとこの近く、かな?トコトコと少し歩いてやってきたのはこちら!と横文字ナチュラル系の店に来たのですが、店頭に貼り紙!!まん防で休業だってさ!なんでHPに書いておかない?WHY!!そうかい!個人店は休んで協力金?でも貰った方が儲かったりするって噂だしね!それはいいけど、告知はしてくれ!もういいや、でもどうしよう!と困っていると斜向かいに一蘭!うーん、じゃあここで!久々に行こうかなって気持ちはあったし!決定!
一蘭新宿 (4).JPG 階段を降りると券売機2台。客いないかと思いきや2台とも先客が買ってる最中。しかもここ10時からやってんだ?さっさと入りゃよかったよ!と待つ。一蘭もう10年振りくらいじゃない??イメージとしては味は美味しいけど高いし少ないっていうのが強くて、もうすっかりチェーン店だし足が向かなかったんですね。これも縁ですね。と券売機空きました。
一蘭新宿 (5).JPG
うん、高い。がそれは一時忘れよう。前回30代前半だった俺は40を過ぎたのだ。というよくわからない理由で天然とんこつラーメン980円と半替玉150円に追加チャーシュー(4枚)250円をポチり。なかなかの値段。まあでもこれくらいなら特製とか頼むとあるっちゃありますよね。
んで奥に進む。久しぶりだなぁこの味集中カウンター!席にはオーダー用紙。
一蘭新宿 (6).JPG  一蘭新宿 (1).JPG
うむー、と考えつつ上から基本、基本、少々、白ねぎ青ねぎ、あり、2分の1、やわめで書いてピンポン。食券も一応出しておく。失礼いたします、との声で簾が開き、オーダーを確認していく。この一切喋らず触らずのシステムはまさに今の状況にぴったりだね。割り箸の袋に書いて追加注文もできるし、壁側に普通の注文用紙もありました。正面に色々書いてある。
一蘭新宿 (7).JPG
と、ボケッとする間もなく5分もせずに店員さんが丁寧に配膳。こちら!
一蘭新宿 (2).JPG
うむ、悪くない。別皿のチャーシューも良さげだ。普通でも2枚あったか。では麺とスープをしっかりチェック。
一蘭新宿 (3).JPG
ネギ両方はやっぱアリなんだね。ん?どっちも入ってるよね?わからぬ!とになく別皿のチャーシューもぶちこんでいただきます!
最初にスープをズルリ。うん、濃厚な豚骨。濃いが臭みなどはない。塩加減、脂加減もなかなかのバランス。やはり美味いは美味い。博多系の他の店とは違う味わいな気がする。世界一豚骨ラーメンを研究してるっていうだけのことはあるのかも。

では麺に。ズルズルリとなぁ!うん、やわめはちゃんとヤワメ!スープがよく絡んでる気がするけど、やっぱ柔らかいとちょっと違う感じするかな?硬めの方が麺の良さが出るような感じがしなくもない。とはいえなんら悪くはない。どズルズル。
図らずも秘伝のたれが溶け出してピリ辛。豚骨を味わうならこのタレはなくてもいいくらいか?まあ好みですね。

とズルズル行きつつたくさんあるチャーシューを!一枚パックンチョ!うん、柔らかくていいですね!なんかスープと合ってる気がする。脂身少な目のロース的食感なんだけどなぜかジューシーさもあり。これいいね、麺がすすむわ。スープもね!いやいや、半替玉があるからスープ飲み過ぎ注意だ!
と麺ズルズルの肉モグモグ。うんうん、悪くないぞ。むしろいいぞ。具があまりないので寂しさもあるが、このスープの濃厚さが補ってくれる。肉も追加したしね!そして麺が思ったよりある。やっぱおっさんになったからかな?もっとあっという間になくなったイメージだったけど。これも歳?いや、いい意味で大人になったということにしておこう。うん。

ではそろそろ替玉を。硬さはどうしたらいいかな?とにかく紙に書くか。今度は硬めに丸をして、既に買ってある食券と共に出して呼び出しボタンを押す。すると程なく店員さんがやってきて食券と硬さを確認、それでもいいボタンのある部分に「半替玉 硬め」とかかれて金属の小皿を置く。するとチャルメラ?の音楽が鳴った。なるほど、センサーか。これでオーダーが通るわけね。その儀式が終わると店員さんはいなくなり、また数分でやってきて替玉を置いていく。
小さな丼に替玉。半でもそれなりにあるね。と、何かタレがかかっているかな?と一本つるりと食べると、やはり何かのタレの味がした。馬油のような??まあいいかとスープの中にドボンし、よーくスープを絡めてズルリンコ!
うん、硬めだね!硬めは硬めでスープの絡みが悪いか?これ正解は基本か??やっぱ店のスタンダードに従うのが一番か。

とズルズルと麺を啜りつつ、残して置いた肉もモグモグ。硬めの方が博多感は出るよね。少し時間が経つと味も染みてきたか?とズルズルモグモグ。スープも遠慮なくズルズル飲んでいると腹も膨れてきました。そんなこんな完食、スープも完飲でフィニッシュです。
もう自分の中で一時代終えたくらい久々な一蘭でしたが、大人になったせいか値段もさほど気にならず美味しくいただけました。やっぱこの濃厚な豚骨スープはなかなかないかも?豚骨にはそこまで詳しくないのでなんとも言えませんが、豚骨!って感じで、記憶よりも美味しいという珍しい結果でした。脂も塩気もほどよく、メインの濃厚な豚骨スープがどっしりとしていましたね。そこに麺。最初のヤワメはスープの良さを引き出してくれたような印象でした。とは言えやはり博多系はちょい硬めの方がそれっぽいかな、と。んで替玉は硬めにしましたが今度はちょいポキポキでスープの絡みがイマイチに感じたかな?時間とともに馴染んでは来たけど。やはりまずは「基本」が良さそうですね。
チャーシューも薄めに見えますがちゃんと肉感があり、ホロホロとは違う柔らかさで、さほど脂を感じないけどなんかジューシー、でいい感じでした。ラーメンとの一体感もありましたね。やはり独自路線のような感じ行きながらこれだけ店舗を増やせるのには理由があるなぁ、と素人ながらに思いました。総合的に美味しいラーメンだったと思います。とは言え、ラーメン一杯980円はやはり高いかな!味集中カウンターからしても大人のラーメン屋さん、なのかな。ある種、一人で食べるのが苦じゃない限りは誰でも行きやすい店ではありますよね。実際女性もちょいちょい見かけるし。
とまあその辺の気持ちも少し入りまして、評価はB-で!当然好みはそれぞれだと思いますが、豚骨が好きなら一度食べてみて損はないかな、と思いました。まだ未経験の方は一度どうぞ。

では食べ終わったら即退店。昼にはちょっと早いけど、新宿という土地柄もあってかチラホラ客来るもんね。そして静かで良い。時折さっきの替玉のラッパが聞こえるのもなんか味がある。心の中でごちそうさまと声をかけて席を立ちます。厨房からはほどよい店員さんの挨拶だけがたまに聞こえます。悪くないなぁ、この感じ。うん。と薄暗い階段をトボトボ上る。今回はまさに怪我の功名ってやつでしたね。ご縁があったということかな。と、なんとなく良い気分で駅へ向かって歩いて行くのでありました。

こうして1月が終わりますが…。正月感もすぐに終わり、これといって特にない…?雪積もったり滑って転んだり?早く初詣に行かなきゃ!みたいな1月でしたねぇ。今日も天気いいけど寒いし、当たり前だけどまだ冬は終わりませんね。例の奴らもすんごい勢いだし。無事なのが不思議なくらいです。では次回、無事なまま2月にまたお会いしましょう!正直もうよくわからなくなってるけど、色々気をつけて!なんだかんだ言っても感染したら面倒だし大変になるかも知れないので。
そういう方向でお願いしつつ、本日もごちそうさ麺!!でした――――!!

あれやこれや食べ過ぎてすっかり胃が広がった感じです。やたらと腹減ります。そして食べちゃいます。いかんな。胃を縮めなきゃだ、うん。頑張ります。麺以外でなんとか。ではまたすぐに食いますのでよろしくどうぞ!
じゃそういうことで!バーハハ――――イ!!

今日も微妙に長い!もっと短くまとめたい!今年の目標かな。地味な目標だなぁ…。



ラベル:ラーメン 豚骨
posted by クロペソマソ at 14:06| Comment(0) | 新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。