2024年06月03日

曙橋 麺匠 克味

はいどうも!また1週間始まりましたー。ってか6月始まってるわ!!今年の半分が終わる月でんがな!あっちゃー!まあそれはいいとして。月曜の朝に麺食べるのもなんか久しぶり?そんなことないか?とにかく参りましょう。どこにしようかと昨日あれこれ悩んでいる中でまったくノーマークだった店がなんか良さそう?ということで行くことにしました。とガタンゴトンと電車でやってきたのは曙橋!ここもまた久しぶりに降りる駅ですね。4年近くぶりでした。駅の北口を出て結構近い。久しぶりでもなんとなく景色に見覚えがありますねぇ。こちら!
克味 (1).JPG
克味、でございます。新潟出身のなおじという目黒の店の系列?だったようですが、そちらは既に閉店しているも模様。がっつりなメニューが色々あり惹かれて参りました。11時ちょうど、開店直後に来店。入店ガラガラと一番乗り。左手の券売機で食券を。
克味 (3).JPG 克味 (2).JPG
むう、なかなか面白いですね。口コミなどを調べたりして気になったのはコレ!と特製にぼにぼ中華1150円をポチり。超ド級行きたいですが胃に自信がありません…。麺量もちょうど良さそうだし。お好きな席にどうぞ、と言われたのでテーブルに座っちゃいました。女性の店員さんが食券を回収していく。なんだか昔からあるって感じの店。卓上チェック。後から小さな壺?も持ってきてくれました。
克味 (4).JPG 克味 (5).JPG
奥の厨房では男性店員さんが調理している模様。ご夫婦かな?わかりませんが。店内は2000年前後くらいのJ-POP。懐かしい〜!から聞いたことある気がするけどわからない!みたいな曲ばかり。とそんな感じで待って7〜8分で着麺。これだ!
克味 (6).JPG
勝手にがっつり系なイメージで頭がいっぱいになってましたが、丼はいたって普通サイズ。しかし肉の多さはいいですね!と麺とスープチェック。
克味 (7).JPG
煮干しというか魚介っぽい?とにかくいただきましょう。まずはメンマからパックンチョ!柔らかいメンマらしいメンマですがなかなかしょっぱめなやつ!お次はスープをズルリと。うん、やはり魚介な感じ?豚骨はベースですかね。言われてみれば確かにトンギョ感はあります。油は割とある感じはあるけど結構サラッとしてますかね。では太めの麺をズルズルっとなぁ!うん、パツパツな感じの麺。インスパイア系っぽいけどちょっと違う感じ。しかしスープとは合っていますかね。スープを感じつつも麺の風味もしっかり感じられます。コッテリだけど結構サラッとしている、というような口コミをいくつかみましたがなるほどこういうことなんですね。

とズルズル食べつつ具に参ります。まずは味玉はんぶんをパックンチョ!うん、ベーシックな味玉!とても柔らかいですね。味付けもほどよい。冷たいですけどそれが気にならないくらいに柔らかくていい感じ。
お次はお待ちかねチャーシュー!結構な厚さのものが3枚ですからね。一つガブリンチョ!うん、これはいいね!ホロッとくる角煮的なチャーシュー!味付けも甘辛でいいですね。赤み部分?はほどよい繊維感があり脂身はホロリ。これ好きなやつ!こんなにたくさんあって嬉しいです!と肉をモグモグしつつ麺とスープもズルズル。大きな白いネギもいいアクセント。本当に思ったよりも全然ライトで食べやすいですねぇ。

と肉を齧り麺を啜る。途中味変したくなり、後から出された赤いやつを入れてみる。味を確認してみると、豆板醤…というよりはコチュジャン的な?辛みは結構ありつつも味噌的な甘みもある?でもちゃんと辛いので入れすぎ注意。スープに溶かすとほんのり香るくらいですかね。そしてすりおろしニンニク。こちらは効果てきめん!ある意味入れすぎ注意ですね。ガツンとすごいパンチがきます。これは文句なしに美味いですが、なんか味噌ラーメンっぽくなる??いやそんなはずはない…というのがニンニクの怖さですね。麺は200gとのことでしたがあんまり水分を含まないタイプなのか、割とサラッと食べられましたね。お肉もホロッと行けちゃうので結構サクッと食べ終えました。ニンニクに支配されてしまったスープをズルズルと飲んで終了です。

軽く下調べしたくらいの印象で完全にガッツリ系かと思って参りましたが、案外ライトで食べやすい系でした。もちろんメニューによっては想像通りのガッツリ系なんだと思いますが、おじさんとしてはそこにチャレンジする勇気が出なかったってことかな?ニボニボ中華に関してはライトなトンギョ的なスープで、どこかでこの味食べたような…って感じがありましたが思い出せません。そこにパツっとした太麺がいい具合にマッチして、食べ応えありつつも割とサラッといけちゃう一杯でした。ガッツリ系はどうしても大味というか濃くてこってりで…みたいなイメージですが、こちらは案外スープも麺もそれぞれが特に雑な感じはなくちゃんとしている感じでした。チャーシューが角煮的で好みのタイプで、それがたくさんなのが嬉しかったですね。具のボリュームからして、このご時世のお値段としてはかなり良心的かも?と思いました。これならつけ麺行ってみてもよかったかなぁ…?一番コッテリのメニューも…なんてついつい考えてしまいました。評価は総合的にC+!地域密着的なお店なんですかねぇ。近くの方はフラッと行ってみてください。どのレベルにチャレンジするかはご自身の体とご相談を。

では食べ終わったら即退店。ごちそうさまと声をかけて店を出ます。すっかりベテラン感ただようお店でしたね。外は意外にまだ風が冷たい。さっさと帰ろう!となんとなく記憶にある風景を見ながら、駅に向かうのでありました。

ということで6月も始まりまして。なんだか不安定な天気が続きますが、気温が低くでさほど寒くはならないのでなんとか元気でおります。しかしやはり湿度はなかなか高いですね。カビに注意ですね。部屋も心もね!なんつって。

ではまた次回!いつになるかは分かりませんが、食べたその時お会いしましょう。本日もごちそうさ麺!でした―――!
行ったことこのない店もまだまだ探せばいくらでも出てきますね。1000記事まで楽しんで参りたいと思いますのでほんのりとお付き合いください。
じゃまた!バーイバ―――バッハ!!モーツァルト!チョピン(ショパン)の別れの曲でお別れです。どうぞ!(頭の中で流してください)



posted by クロペソマソ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする