2021年09月13日

東京 六厘舎

はい、今週もどうぞよろしくお願いいたします!というわけで麺食いましょう!さーてどこいくかな!なんとなく目星をつけて電車に乗る。今日は天気良さそうだし美味いつけ麺食いたいなぁ、なんて漠然と考える。行ってから決める位の気持ちで参ります。
ガタンゴトンとやってきたのは東京駅。久しぶりのようなそうでもないような?ここへきてつけ麺ならばまずはあそこの並びをチェックですよね。10:35くらいに到着。おお待ちなしだ!ならば!と入り口に。こちら!
2021六厘舎 (4).JPG
六厘舎でございます。2年振りですね。東京駅で聞くつかれ候補がある中、早く開いてるし待ちもなかったので即決でした。と、入り口まで行くと満席。待ち一番手です。が、ほどなく案内され券売機で食券を。ちょっとブレちゃった!
2021六厘舎 (5).JPG
あ、左上のこれさっきポップがあったなぁ。そして誰かラーメン界隈の有名な人が美味いって言ってた気がする。誰だったっけ。まあいいや!じゃあこれ!と生七味つけめん990円と、味玉100円小チャーシュー200円をポチり。ここの特製はチャーシューが増えないからね。
ってことで案内されたテーブル席に着席。威勢のいいおばちゃん店員さんに食券を渡す。紙エプロンいるかどうか聞かれたのでもらう。以前はまったく使いませんでしたが服が結構汚れることに今更気付き、最近は使ってます。

と後客どんどん。満席キープのような感じだが回転がとても良い。待ちが出来ても5分もあれば解消されるイメージ。では待ちつつ卓上チェック。写真忘れたけど、お馴染み黒七味と酢、ゆずなど比較的ベーシック。と、そうこうしている間に5分くらいで着麺!早い!これだ!
2021六厘舎 (1).JPG
うん、ザ・つけめん的です。チャーシューは別皿。麺に乗ってるのが生七味かな?
2021六厘舎 (3).JPG
スープはザ・魚介って感じですね。ネギだくです。
2021六厘舎 (2).JPG
ではいただきます!まずはスープの中を物色。メンマ発見。そちらからいただきます。パックンチョ!うん、柔らかめでいいですね。標準的ですが食感は非常にいいです。という筍嫌いのコメント。もう麺行っちゃいます。まずは七味を溶かさずそのままつけ麺ズルズルと!うん、六厘舎!まさに魚介。またおまってやつですか?優しい甘みがあり、とろりと濃厚だが味はさほど濃くなくしょっぱくもない。まさにコレ。しかし俺のバカ舌に磨きがかかったのか、舎鈴とかなり近いような?なんかそんな感じしたかも。麺は極太だが硬すぎずほどよい食感。これまた甘いような風味を感じる麺。この太さでも食べにくさを感じず、スープともよく調和していますね。さすがです。
では生七味を投入してみましょう。まずは3分の1くらい溶かして、ズルリンコ!ちょいピリな感じになるがそこまでの変化ではない。ならばと全投入!混ぜ混ぜからの、ズルズルリンコォ!うん、確かに感じるピリ辛!唐辛子的な辛味だがそこまで強くなく、スープの味を邪魔しないやつ。ほんのりシビもありますね。七味だから文字通り七つの味ですよね?山椒も含まれているのかな。
確かに香辛料の刺激がいい感じで、この感じは他の調味料ではないかも。ほどよい味の変化と調和でいいと思います。が、そこまで大きな変化でもなく…ですね。美味しいけども。ただ元の味を壊さないやつなので問題ないです!

では具行きます!まずは味玉!ガブリンチョ!うん、固まり具合から味付けまで優等生。お手本のような味玉ですね。

お次はチャーシュー!スープに入ってたやつからパックンチョとなぁ!おお、ほろほろ系ですがな。思いの外とろける!肉感しっかりもいいけどこれはこれで良し!脂身以外も簡単にほどけるやつ。極太つけ麺についているからこそこの柔らかさが良いのかもしれない。良い!

とそんな感じでズルズルモグモグ。甘めのタレにネギだくがちょうどよい刺激。生七味も入っているし、あえて調味料を追加する必要はないですね。いつもあんまり入れないけどね!とズルズルモグモグ。麺量が並でもそこそこある。スープもかなり少なくなってくる。しかしまあ、黙々と食べて飽きもせず、味変もせず…普遍的な定番つけ麺の最高峰にあると納得ですよね。と勝手に納得しながら黙々と食べ続け、麺完食。スープも残りわずか!!しかし魚介系のスープ割は必ず飲まなければならない。なぜなら好きだから!と店員さんにスープ割をお願いする。
すると残りのスープの量に合わせて割ってくれます。さすがです。早速ズルズルりと。さすがに残りのスープは少なすぎたか?かなり薄めな感じになってしまった…。がしかし、それでも魚介系のスープ割は美味しいですね。安定の味。俺の中でのつけ麺の原点はやはりここにある気がします。「またおま」なんて言われている味が一世を風靡している時期につけ麺に出会ったので。多分。そのくらいだったと思う。ハイ。

てな感じで完食。並でも十分腹いっぱい!程よい満足感でした。
2年ぶりの六厘舎、去年通販でも食べましたけど、やはり安定のクオリティ。六厘舎味でした。非常に食べやすくカドのない味わい、普遍性を持ちつつも唯一無二であるかのような完成度。やはり六厘舎ですね。がしかし、最初にも書きましたがなんだか舎鈴にかなり近づいている気がしました。舎鈴がパワーアップして六厘舎に近づいているのか、六厘舎がさらに馴染みある方向にいっているのか、はたまた俺のバカ舌の思い違いか、どれでしょうかね。実際、舎鈴もたまに食べますが美味しいですもんね。気軽に入れるチェーン店的存在になりつつもあの味はなかなかのものだなって感心したりしなかったりですもん。
ただ麺はやっぱ六厘舎の方がいい気はするかな?説明難しいけど!食感とか風味とかが良い気がする!単に柔らかめが好きなだけって説もありますが。でも茹で具合とは違う食感の差ってなんかありません?知らんけど!!
具もやっぱそれぞれ美味しくてさすがでしたね。まあ具に関しても割とこう親しみあるものになった感じはしないでもないです。問題なく美味しいんだけども!
んで肝心の生七味でしたが、アクセントとしてはアリでスープの邪魔もしないし、スパイスの効き方というかバランスがすごくよかったので、好きな人は好きかなと。六厘舎の味変えたくないけど、こうもっとなんかほしくなってきた!みたいな微妙な気持ちの人は一度食べてみてもいいかも。
とにかく、間違いない六厘舎。安定の六厘舎。早めに行けば行列ないみたい。インバウンドがないっていうのもあるのかな??今度ラーメンも試してみようなかなぁ。
評価はB!つけ麺好きなら一度は食べてみてほしいお店。やはり東京駅が一番!って思ったけど、案外上野とか大崎でもいいかも?なんなら舎鈴スタートもあり??孫鈴舎も好きな店です。気になる方は是非!

では食べ終わったら即退店。ごちそうさまと声をかえて店を出ます。厨房にも男女一人ずつ店員さんいたなぁ。3人でこの回転はなかなかだな。さすがですねぇ、ハイ。
ふう、腹具合は程よい!さっさと帰路に就くべし!!となんとなく人が少ない感じのする東京駅の中を歩いていくのでありました。

思えば先月末からぎっくり腰になったり歯が取れたり病院ばっか行ってましたがなんとか元気です。幸い大事には至らなかったし、まあ厄年ながらもなんとかこらえてるなって感じですかね。その厄年も終盤か…。悪い大どんでん返しが来ないように気を付けたいと思います。いやマジで洒落にならないからね、何かあったら。厄年マジ怖いっす。とは言え気を付ければなんとかなるレベルのことならある程度はいいかなって気はしますけど。ええ。ハイ。もうわかりません。

そういうわけで、残暑らしい残暑は今日でしばらくお休み?または最後、かもしれない??また天気微妙になって、回復したら秋、って感じになるかもしれません。とにかく季節の変わり目のアレにを十分気を付けてください!風邪ね!ええ!今普通の風邪ひいてもちょっと厄介だからねぇ。検査とか病院とか人目とか。くれぐれも!!

ではまた次回!!元気にお会いしましょう!
本日も、ごちそうさ麺!!でした―――――!!

あ、そういえば俺41歳になりました。大好きなバイキング(ビュッフェ?)も食べられる量がすごく減って悲しいです。
悲しいとき――――!!食べ放題ですぐ満腹になっちゃったときぃ…がっくり。
じゃまた!!バ―――――イバ――――イ!!食べすぎもよくないよ!腹八分目でね❤



ラベル:つけ麺 魚介
posted by クロペソマソ at 13:53| Comment(0) | 千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする