2024年03月29日

大宮 風雲児 大宮店

はいどうも!少し間があきまして金曜の麺でございます!もう今月も終わりですねぇ。そんな今日は朝から雨だ風だで大変でございますが、予報より少し遅れて3時前?くらいから快晴!20℃を超える気温になっているようで。イレギュラーな日で変な時間の食事になっているのでちょうど良い!と家を出ます。やってきたのは大宮です。候補は2つ。さてどうするか、と言ってみると一つは少しだが外待ちあり。午後4時で待ちってどないやねん!春休みだから?知らんけど!と悪態をつきつつもう一つの方に行ってみるとこちらは待ちなし。本日はこちら!
大宮風雲児 (6).JPG
風雲児、でございます。代々木?新宿?の常に行列のある店がちょこちょこと支店を出していて、先月大宮にも来ました。開店直後は割と待ちが多いイメージでしたが、さすがにこの時間は大丈夫のよう。午後4時半近く、入店ガラガラからの券売機で食券を。
大宮風雲児 (1).JPG
製は味玉と他に何が増えてるのかわからなかったので、つけめん(並)950円とチャーシュー250円をポチリンコ。店内は一列のカウンターで8割の入り。この時間でもこれはすごいですな。と適当に座り食券を出す。女性の店員さんがやってきて確認&回収。店員さんたくさんいますね。ほとんどが若い女性です。男性は1人だけですね。と卓上チェック。何かしらの唐辛子系とGABA黒胡椒。割スープのポットも上にありました。ちょうどバーッと客が帰って一瞬空きましたが、すぐに後客続々で常に半分くらいはキープ。さすが有名店。と着席から5分もしないで着麺!早い!これだ!
大宮風雲児 (3).JPG
うん、つけ麺ですね。風雲児は何回か食べていますが割とベーシックというか、実はあんまり記憶に残っておらず…。有名店なのでとりあえず来てる感はあるのですが…とにかく麺チェック!
大宮風雲児 (4).JPG
白いプリッとしてそうな麺。やはり200gは少なく見える。チャーシュー増しは通常のスープに入ってるやつが増量になるのですね。
大宮風雲児 (5).JPG
スープは見るからに濃厚そう。風雲児は魚介と鶏白湯でしたよね。ではいただきましょう!まずはスープの中を物色。先ほどの麺の皿にあったチャーシューと、数本のメンマが。そのメンマをパックンチョ!うん、メンマですね。濃厚なスープがついているので味はもはやよくわかりませんね。濃厚なつけ麺屋さんあるあるです。
では麺参ります。しっかりつけてズルズルっとな!うん。ツルモチで優しくもほどよい弾力ですね。提供がかなり早かったのでまさかの茹で置き?と思いましたが、食べた感じはそんなふうには思いませんでした。何か早く茹で上がる工夫があるんでしょうかね。スープはまさに濃厚!とろみを感じます。魚介の味わいに確かに鶏白湯らしい脂の甘みというか、濃厚でもさほど重くない感じはありますよね。うん、確かにこういう味でしたよね、風雲児。食べるたびにそういう感想です。適当ですみません!とズルズルモグモグ。麺がすぐになくなりそうなので少しずつ食べてしまいます。

では肉参りましょう。スープの中に浸かっているやつをパックンチョ。うん、脂身の多めなチャーシューですね。しかし柔らかくて悪くない。ある意味定番的なチャーシューですね。麺の皿の方もパクパクと。こちらはより肉の味がよくわかりますね。こちらは冷たかったら嫌だなぁと思いましたがそんなことはありませんでした。常温くらいの感じかな?

と麺を啜りつつ肉を齧る。なんだかこのスープは辛さが欲しくなりますね。と卓上の、これは七味かなぁ?それをちょいと投入。そしてズルリ。うむ、濃厚なので少しくらいでは効果はない!黒胡椒も然り!でもあんまりたくさんは入れたくないという謎のこだわりがあるんです。元の味を壊しすぎるのも、と思って…。とそんな感じでズルズルモグモグ。追加のチャーシュー、最初はこれで250円か…と思ったのですが、食べてみるとそれなりのボリュームはありますね。脂身が多いせいもあるかな?なんてね。
てな感じでサクッと完食。見た目少なく見えた麺も、食べてみるとそれなりに腹いっぱいになるんです。おじさんよ…。最近並しか食べないようにしているのに、それでも結構中年太り来ているという…。嗚呼加齢。しかしスープ割はやりますよ!とポットからドボドボ注いでズルリ。む、少し割とスープぬるいかな?まあいいか。味は鶏白湯だからなのか少し薄めに感じるかな?魚介のダシと鶏白湯が半々くらいのバランスなのでしょうかね。やはりスープ割はダシ感が大事なのかな?いやわからないけど。スープ割が美味しいのはやはり濃厚魚介かな、と個人的に感じつつ終了です。

もうかなり昔から有名な風雲児なので説明不要かとは思うのですが、つけ麺ブーム時代の味を一番残しているのはここなのでは?なんて思います。マタオマに近いけどちょっと違う魚介と鶏白湯ですが、あの頃のイメージというかなんというか、それを維持しているというか。40過ぎたおっさんからしたらある意味ノスのつけ麺ですよね。魚介味と、それを支える鶏白湯。濃厚でドロッとしてるけど案外食べやすい。麺もなんだか優しい感じで食べやすい。客の年齢層も幅広いのも頷けますね。評価はC+!時間によっては結構並ぶし、本店はいつも並んでるイメージなのですが、個人的には並ばずに食べたいですね。長く人気店で居続ける店なので、まだの方は隙を見て行ってみてください。若い店員さんたちがテキパキと働き、すぐに出てくる感じもなんか新鮮です。っていうか、このスープもしかしたらラーメンのほうが合うのかも??と、次新しい店舗に行くときはラーメンにしよう!なんて今更思ったりしました。

では食べ終わったら即退店。ごちそうさまと声をかけて店を出ます。敢えて女性の店員を多くしてるんですかねぇ。麺は昔ながらでも何かしらの新しいことをやっているという感じですね。なんて適当な感想を述べつつ、帰路に就くのでありました。

外に出る。なんか空気がぬるい…。気温も湿度も高い。これは…春?いや初夏?なんじゃこらですね。とりあえずもう冬は終わったってことでいいのかしら…?そんなことは誰もわからないね!はい。じゃまた来週!来週もイレギュラー満載です!ってか来月か!もう4月か!ドヒャー!ドヒャー??もう全てが古い気がします。はい。
じゃあそういうことで。良い3月をお過ごしください!本日もごちそうさ麺!!でした――!バイナラ――!



posted by クロペソマソ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま・川越市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする